柴田良三氏の講演大盛況

既報のとおり2月19日に柴田良三氏によるアメリカとオーストラリアから見た日本の工芸」の講演会が小米庵で開催されました。
当初、お客さんの入りが心配されていましたが、当日は28名(定員30名)の参加で小米庵が満杯になりました。年長者は川上力三さんや山本新太郎さんから若者では精華大学のの陶器科の学生達が参加してくれました。入口から入って右側の白い壁をスクリーン代わりにしてノートパソコンからの影像を映し出してのレクチャーでした。
 話の内容は留学制度の活用を促すところから始まり、アメリカの広大な大学の中に在る文化施設の紹介、オーストラリアの文化施設の紹介、非常に設備に恵まれた中で学生達が制作をしている様子などが語られました。そんな中でもこれら外国人にくらべ日本人の器用さ旨さはすばらしいものがあるとの話しでした。2時間ぐらいたっぷりしゃべってもらった後も若者を交えての懇談。大変有意義な夜でした。生ビールとおでん、焼酎などがおしゃべりに拍車をかけていたように思えました。
a0064449_23115387.jpg

a0064449_23121692.jpg

[PR]
by kac-web | 2007-02-22 23:12 | KAC展示会
<< 30年前の風景です 藤井康一さんのライブ >>