第6回京都路地裏探検 東寺から陶化橋まで

今回は京から伏見まで歩き、その境目を体感しようというテーマで路地裏探検をする事になった。伏見区在住の一般参加の陶芸家岡本様に先達をしていただいた。岡本様はこの路地裏探検には2回目からはほぼ常連で参加している。近鉄九条駅にそろった参加者は8名(一般3名、会員5名)は九条油小路を南へ意気揚揚と路地裏探検にスタートを切る。まずは京都テルサの大きなビルがみえてくる、テルサを南下して札の辻通りを東へ向かう。というのも南区九条あたりから伏見へ至るには陶化橋、勧進橋、もしくはくいな橋を渡るのが一般的だからである。南大橋や鳥羽大橋、小枝橋なども考えられるがやはり路地裏探検では新興地や工業地帯よりも古くから栄えた本町筋や師団街道へ向かうほうが妥当だろう。隊は市営松の木団地を横切り陶化橋を渡る。




こんにちわ。ひさしぶり。今回もよろしく、天気になってよかったね。コースはどんな感じで行きます。そやね
本町通りか師団街道が面白いかも。そやねまず東へとっていきましょか。ではスタートですよ。
a0064449_2230948.jpg


九条油小路をすぐわきにそれた路地を行く
a0064449_22322926.jpg


はいこれこそが南区の文化。
お寺や神社だけちゃいまっせ
これもしっかり「関西元気文化圏」a0064449_22332533.jpg


あの工場ええ感じやね。何屋さんかな。染もの屋ちゃうかな?煙突すごいやん
a0064449_22343845.jpg


宇賀神社。札の辻通りでは一番古そうな祠が鎮座していた。地元のおじさんとおばさんの説明を聞く
メンバー
a0064449_22411331.jpg


覗き、いやちがうでしょ。宇宙から飛んできた石が祭ってある。ふふんこれがそうなのか!
どこから来たのやろね。大阪万博でみた月の石より大部おおきいわ。
a0064449_2244360.jpg


おお!これはええね。お宝物件発見♪看板萌の遊野さんでした!
遊野さん一言どうぞ。そうやね。
注意されたり、禁止されたり、警告されたり、大変やね。貸してやってるいう意識やねんな。
a0064449_22452198.jpg


市営松の木団地
a0064449_2246275.jpg


鴨川の起点てここです。ではここから先は?ううん淀川かしら
a0064449_22465592.jpg


[PR]
by kac-web | 2009-03-09 22:26 | KAC京都路地裏探検隊
<< 第六回京都路地裏探検 陶化橋か... 第6回京都路地裏探検のご案内 >>