第4回東京路地裏探検 (レッテルは両山堂編)

レッテルは両山堂 
この物件にはど胆をぬかれた東京路地裏探検おそるべし。これはなかなかの上物、超ド級、であった。
こういうのはやはり地元の方の案内でこそであえものである。そのポイントをいくつかご紹介。
大谷石の多用はなんとなく桐生の繊維工場をほうふつとさせる
c0074640_23562212.jpg





住所表示の琺瑯看板が半分に折れたものが針金で止めつけられいる。それもすでに数年の時をへてすっかりなじんでいるのだが、誰もさわったり、移動させたり、盗ったり、治したりしない。あくまでそのままそのまま。
このままあと何年変化しないかのか、あるは突然無くなるのか、空間と時間の置き土産
c0074640_022255.jpg


忍者屋敷の防犯のガラガラ・鳴子このあたりは伊賀系かも
c0074640_0175453.jpg


この造りとデザインは本格派である。これだけ見事なものは少ない
c0074640_02005.jpg


[PR]
by kac-web | 2009-06-06 00:25 | TOKYO通信
<< 第4回東京路地裏探検 (本郷・... 下鴨神社「蛍火の茶会」に参加す... >>