アート談義? 流しそうめんの会

梅雨明け前の昨日
雨だから無理かしらと思ったら

絶対晴れ男との保障つきのカスケ氏に雨もおそれいったのか、
大原のちょっとお見せするのは恥ずかしいような我が家の庭にてそうめん流しができたのです。

c0100195_23303570.gif
流すところは

c0100195_2331437.gif
まるで夜店のようにビールやなんやらが冷たいおけにいっぱいです。
総勢20人近くでした。

竹は山から切り出して半分に割って、中の節のところをとって、
脚立など使って上手に流れるようにセッテイングするのは
彫刻家のベテラン先生K氏と若き家具デザイナーで幹事のT氏

私は場所を提供するのみですべて 流しそうめんのいろいろな薬味、つけ汁、鍋から
すべて持ってきてく仕切っていただくのは美術家で美大の先生H氏、そうめん湯がくのも皆男性陣が・・・

私は食べるだけ、準備、片付けも皆やっていただき、私はウロウロだけでしたが
流れるのを食べるのは結構たのし~
子供心にかえったようにて・・・

結構みんなで食べ終わったころころ雨がポツポツ

もちろん家の中には宴会準備が

c0100195_2343587.gif
隣の人をあたかも自分のごとく順番に他人紹介しあって、ワイワイ。
このへんの司会の絶妙の上手さは以前幹事のTさん

(あれ・・・? 誰だ! 茶碗落として割ったのは!・・・)
まあまあ・・・

建前はアート談義となっているのでどなたか先生一応、DVDで作品紹介・・ということもありましたが
暗くなってくると隣に聞こえたらちょっと恥ずかしいような童謡の合唱などもあり
たのしいひと時でした。

ところで、サロン部会立ち上げとしてお茶のお手前もするんだっけ?
そうめん流しとお茶会はちょっと同時にはできるような雰囲気ではありませんでした。
すぐ飲み会に直行という・・・感じで、

私もそうめんだけでは足りないかと 以前やって、なかなか評判良かったので又野菜いっぱいカレー作ったり、
参加者の持ち寄りいろいろおつまみやら、手作りパンやらいろいろすごくいっぱいでした。

c0100195_23561921.gif
たまねぎからはじめていろいろな野菜をいためて11種の香辛料くわえてしばらく炊くと・・・
こんなに水分いっぱいに

a0064449_13435574.gif
今回も皆さんほめていただきよかった~

京都の北の端、飲む方は遠方をバスでいらして、または運転手をかって出た方は飲めずしまいでお疲れ様でした。
(なんだかその飲めなかった方に悪いからと、また2次会を街中でやるという案がすぐ可決されたようで解散となり)

これからも又、いろいろ何か少しはちょっと素敵なゲストのお話やワークショップなど企画したりで
その後親睦会みたいな感じでアートカウンシルらしい企画できたらと思っています。
ぜひ、ご興味ある方、あるいはなくても一度参加されたら
もう一度とおもうような企画していきたいと思っていますのでどしどし、どんどん気楽にご参加ください。
また、こんなことしてほしいというご要望もご意見うかがわせていただければ
実現可能ですのでお待ちしております。

さあ、夏本番あとは八月の立誠夏祭りの準備でいそがしくなりそうです。




まずは乾杯の音頭で

a0064449_14171682.gif
なにやら 代表の歌声が

a0064449_14175827.gif
よかった~
音なしで・・・

旧幹部の方は、さすがてきぱき上手に場を楽しませていただき、
また、まじめにちゃんとこれからの運営方法などもちょっとした
ミーテイングもできなかなか実り多かったことと思います。

遠方を本当に皆さんご苦労様でした。
所でたくさんのビール残りましたよ。
もう一回・・・できそう・・・でも早くしないとなくなりそう・・・
[PR]
by kac-web | 2009-07-20 14:28 | 高瀬川彫刻展
<< フルイミエコ氏が京都・御池画廊... 第13期 第1回 京都アートカ... >>