2009年 02月 22日 ( 1 )

小山幸容先生のお花サロン

今回の小山幸容先生のお花サロンはアレンジメントで「アートフュシャルデザイン」で現在表現である。
すなわち花の持つ自然な美しさを生かすというよりも、むしろ花自体も素材の一つと考えて素材そのものも持つ美しさを積極的に使っていのが「アートフュシャルデザイン」
ですから素材である花や枝、葉なども切り刻んで使ったりすることもある。今回はカラー、ツバキ、スチールグラスとどちらかというとしっかり厚手の強い素材であったがやはりそのような使い方はなれないとなかなか難しいものだ。それでもさすが皆さんアートな感覚を十分持っている参加者が多いので結構面白い作品が多かった。
まずは先生のお手本。真剣にお話を聞く
a0064449_2372220.jpg



どんなのができるかな
[PR]
by kac-web | 2009-02-22 23:04 | KAC展示会