カテゴリ:KAC研修・取材旅行( 33 )

韓日美術交流展(公州2)

a0064449_2162719.jpg

ひかっていてわかりにくいですが、交流美術展の垂れ幕がかかっている公州大学のギャラリーのある建物です。
こちらがメイン会場です。
a0064449_21103213.jpg

麻谷宏氏の作品

滝川みずほさんは1日遅れてみんなと合流、展覧会オープンには間に合いました。
a0064449_21122084.jpg

a0064449_21145429.jpg

井上良子さんの作品
a0064449_21154818.jpg

宗由美子さんの作品
a0064449_21164296.jpg

こちらが李会長の作品(金属のほう)
a0064449_21185088.jpg

a0064449_21192582.jpg

東京の木村氏
それぞれこちらの作家は一人ずつ自己紹介しました。
a0064449_21204046.jpg

a0064449_21214380.jpg

韓国の作家さんも紹介して
a0064449_21224445.jpg

a0064449_21233116.jpg

公州大学学長さんと一緒に記念撮影
a0064449_21243387.jpg

その後、韓国側作家さんと私達日本人と合同のミーテイング
それからお楽しみのオープニングパーテイは
韓国レストランにご招待を受けました。
a0064449_21263574.jpg

お料理はどれも美味しくお酒もはいって韓国と日本人といっしょになって最後は歌まで〜
次の日3日はマイクロバスを用意してくれて韓国の作家と私達とでみんなで観光に連れていってくれました。

a0064449_21313096.jpg

まずは近くの新しくできた美術館展示室で日本とも交流のあった詩人の展覧会
下では
a0064449_21351423.jpg

子ども達の作品展もしていて立派な新しい建物です。
a0064449_2136422.jpg

外でみんなで記念撮影、残念ながらまぶしくて〜
それから市場に
a0064449_21405637.jpg
a0064449_21402073.jpg

それぞれ自由時間で少し買い物
a0064449_21465310.jpg

ランチは市場近くの昔ながらの古い韓式レストランで美味しいビビンバ

ランチの後は
a0064449_21492912.jpg

野投という野外展会場へ
a0064449_21501731.jpg

建物の中はギャラリーになっていて今までの記録が、ドイツの森で見た野外彫刻展によくにていました。〉ヨーロッパからも沢山こちらの展覧会に参加されています。
a0064449_21515771.jpg

外の川の近くには今までの野外展の作品が並んでいます。
こちらは便を積み重ねてできていて中から見るときれいです。
a0064449_2155566.jpg

楽器になっている彫刻
a0064449_2155224.jpg

それから
テーマパーク風の所で中に歴史美術館と民族村のあるところへ
a0064449_21583152.jpg
a0064449_21574075.jpg

a0064449_223949.jpg
a0064449_21591810.jpg

歴史美術館は昔の道具などありとても興味ありました。
a0064449_2244221.jpg

子ども達への体験コーナーもあって
a0064449_2254228.jpg

a0064449_2262066.jpg


それから一番の目的地、扶余の国立博物館へ

a0064449_228478.jpg

a0064449_22101853.jpg
a0064449_2295576.jpg

素晴らしいコレクションいっぱいですが、もうあまり時間なくて
急いででした。
a0064449_2212852.jpg

a0064449_22134059.jpg

夜はまた公州のレストランでご招待で最後にいろいろごあいさつ
a0064449_22152227.jpg

料理はブルゴキ
a0064449_22163051.jpg

夜はまた百済祭りのパレードをみてまた少しのんで、本当に皆さんタフです。

展覧会は2日から7日までですが次の日4日はソウルに行くもの、(ウエダ、他東京組)もう少し公州のこるものとわかれて、
カスケさん京都組は次の日は公州の作家さん宅などアトリエ訪問
私は(ウエダ)ソウルで韓国アートフェアなどみて
最後にまたソウルでカウンシル京都組と合流して
次の日6日無事関空に帰ってきました。

本当に公州では韓国の作家さん達にとてもすばらしい接待を受けて
大変よくしていただきました。
カウンシルとして参加できてとてもよかったです。
有り難うございました。

(ノブコ・ウエダ記)
[PR]
by KAC-web | 2013-10-16 22:29 | KAC研修・取材旅行

満員御礼 ! 伊勢旅行参加者25名! お伊勢さん日帰りアートバスツアー

春休みに三重県伊勢神宮参拝と美術館めぐりの旅を企画しました。a0064449_424216.jpg
昨年の美術手帖8月号の特集に伊勢神宮が取り上げられているように
建築学的にも大変美しい建物です。
京都から伊勢神宮拝観後は豪華な昼食がセットとなり
その後伊勢現代美術館という海辺の大変景観のよい地に立つ美術館を訪れます。
おかげさまで、現在17名ほどのお申込。定員(25名)までまだ余裕あります。
お申込はお早めにお願いします。参加費は現在10,000円ですが、
定員まで人数が集まればもっと安くなる可能性あります(参加費7,900円になりました)。
a0064449_4241135.jpg
もちろん会員以外の方も受け付けていますので
是非お友達ご家族などお誘いください。
伊勢神宮と伊勢現代美術館鑑賞予定、6時半ごろ帰京。
ちょっと豪華なランチで親睦を深めましょう。
お申込の締切は3月15日。定員になり次第締め切ります。
おかげさまで定員25名お申込頂きました。
満員御礼 ! ありがとうございます。
a0064449_4242782.jpg
●開催日 3月27日(土曜日)
●日 程
08:30 京都駅八条口集合出発
12:00 伊勢神宮参拝  おかげ横丁にて昼食
15:00 伊勢現代美術館 見学休憩
http://www.ise-muse.com/index.html
18:30 京都駅着
a0064449_424372.jpg
●お申込はお近くの幹事かノブコ・ウエダまで
または下記へメールでお願いします。
伊勢旅行参加申し込み用メールへ
●申し込み締め切り 3月15日(満員御礼 !)
申し込みされた方には詳しい日程表など、追ってお知らせいたします。
(担当 幹事 ノブコ・ウエダ)
[PR]
by kac-web | 2010-03-09 04:34 | KAC研修・取材旅行

蕎麦うちは楽しい!!

池田町はちょうど白くて優しい蕎麦の花が満開でしたね。
翌日はみんなで蕎麦うちをしました。
3つのグループに分かれて、互いにお隣の様子が気になっていたようです。
手先のお仕事はお得意の参加者ですが、ごらんのとおり伸ばしすぎてアナができたりしましたがとっても美味しいお蕎麦でした。
「当たり前がいつもある池田町の思い出は尽きないフォトグラフ」
大人の遠足は大変有意義でした。

撮影 つかP

a0064449_07624.jpg
● 写真の担当の西山さま・・・けっこうたのしいそうじゃん。

a0064449_0124562.jpg
● 細かい作業は本職のナベさん・・・そなぃ真剣にならんでも。

a0064449_072757.jpg
● 講釈が多いこと多いこと・・・口より手をうごかしなはい!

a0064449_074751.jpg
● アナがあいてしまったね・・・・

a0064449_095348.jpg
● この手・・実はテッチャン・・・やっぱ器用やなぁ。「なぁに、かわいいあの子のおっ○○」

a0064449_0101465.jpg
● みんなの手と手を合わせて・・「シアワセ」

a0064449_0103665.jpg
● 「できた」 おろし蕎麦が福井のお蕎麦・・・ビールも追加!!!!!

a0064449_010575.jpg

[PR]
by kac-web | 2007-10-19 00:31 | KAC研修・取材旅行

未公開写真(遊野編)

サイトウジョウイチさんから未公開お宝写真をアップいただいたのでお返しに遊野編を。
素敵なDVDを制作いただいて楽しかった灯ろう流し、エコキャンドル作り、エコキャンドルイベントをまたまた思い出してしまいました。明日からまた「まなびや芸祭2007」が始まります。今日はその前夜ということでもう一度エコキャンドルイベントをおってみましょう。
a0064449_2251880.jpg


旅館の朝ごはんはなんであんなにうまいんだろう。
朝からビール瓶ドドンと置いてあるぞ~このヒトたちはこれがなくては始まりません。



さらにさらに
[PR]
by kac-web | 2007-10-18 22:07 | KAC研修・取材旅行

「感情の量」と「心の振幅」 サイトウジョウイチ

「芸祭」「まなびや」等のご準備でお忙しい中とは思いますが・・・数々のイベント等に参加させていただいた「想い」を書かせていただきました。
幹事のみなさま、いつも本当にありがとうございます。
---------------------------------------------------------------------
その旅は感動とふれあいの旅であった。明るさに満ちあふれ、心は弾け、背中にじんわりとした温かさが残るモノだった。
一人で行く旅とは違い「集って」行く旅には大変な準備が必要だ。
旅程、行事、予算などを企画し、それに伴う交渉、調整、人員配置・・・考えただけでも止めどもなく様々な準備がある。
そして企画者は複数。関係者は大勢であり、その個々の想いをまとめ、合意を得る。これがもっとも大変なコトだと思う。
またそれに伴うのは数々の話し合いと、場合によっては浮き彫りになる意見の食い違いやそれぞれの個性の際だちだ。
しかしそれらもなく、業務的に与えられた旅ほど心に入り込んでこないモノは無い。
企画者の「感動の量」が多ければ多いほど、議論も多くなり、その想いの強さ故、滞りや壁にぶち当たることもあるだろう。
時にはそれが涙や憤りというカタチになるかもしれない。
しかしそれらが、まとめ上げられたということは、それぞれが無限大の可能性を秘めた「心の振幅」で様々な「感情の量」を受けとめたからであろう。
その旅が楽しく、明るく、感動的であればあるほど、企画時におけるその対極の感情もより深くなる。
この「心の振幅」が大きければ大きい程、参加者の「心の振幅」を包み込んでくれるものなのだ。
ワタシがカウンシルの旅に参加させていただくのも、社会生活の営みによって水たまりのようになってしまった「感情の量」と、
身の丈よりも狭くなってしまった「心の振幅」を自身で感じ、見つめ直すためかもしれない。

全ての旅程が終わり散会した後、なぜか心が軽くなり、魂は見上げた広い空へ開放されたことを何回も経験させて頂いた。
旅に参加するということは場所や目的もさることながら、その旅が持つ「感情の量」と「心の振幅」を味わえることがワタシには大切なことなのだ。
それはいつか自身が包み込めるであろう姿を夢見ているのかもしれない。

a0064449_431221.jpg


未公開? photos?
[PR]
by kac-web | 2007-10-16 04:50 | KAC研修・取材旅行

そして翌日

翌日はあいにくの雨になる。それでも一日違いで大違い。エコキャンドルは雨にあわずにほんとうによかった。翌日は能面美術館、そば道場などを見学。
西山遊野
お世話になった旅館「べにや」さんの前でおかみさんを囲んで記念撮影
a0064449_2329355.jpg



廻ったところ
[PR]
by kac-web | 2007-10-11 23:28 | KAC研修・取材旅行

カウンシル宴会イン池田町

恒例カウンシル宴会が池田町で始まった。最初は厳粛にそして酒量とともに徐々にもりあがりをみせ壮絶空前絶後のピークを迎える。ゲストもあまりの熱狂振りにさぞや驚かれたであろう。

最初は緊張されていた今回のお世話になった池田町と今立のゲストのみなさん
a0064449_23453117.jpg


はあい乾杯~皆さん撮りますよ
a0064449_23461671.jpg


エコキャンドル仕掛け人長谷川さんと代表によるイベント成功を祝す握手
「ありがとうございました」「ご成功おめでとうございます。お疲れ様でした」
a0064449_23482575.jpg


さっそくいただいたお酒をいただきましょう。これで一挙に酒量があがる
a0064449_23495161.jpg


まずはでました4兄弟!また新しい仲間が増殖中です。かなりの感染力おそるべし
a0064449_23513185.jpg


カスケさんのパフォーマンスに一同大爆笑。やはりこれがでないと
a0064449_23534763.jpg


締めは星野先生による、指先の三三七拍子。やあお疲れ様でした。
a0064449_23555984.jpg
[PR]
by kac-web | 2007-10-10 23:43 | KAC研修・取材旅行

よきご縁

福井県今立町の和紙アーティスト佐々木さん家族
とても暖かな家族な絆を感じるご家族でした。 


a0064449_0283084.jpg


福井県福井市の高橋さん家族
36歳で5人のPAPAです。
福井県は子育て支援日本一で少子化対策も日本一・・・・もちろん住みやすさ「日本一」

a0064449_0301218.jpg

福井県今立町の和紙作家の角さん。自宅におもしろいギャラリーを持っています。
a0064449_0341965.jpg

みんな、これをご縁に芸祭にかけつけてくださいます。
ありがとう・・・感謝。

[PR]
by kac-web | 2007-10-08 00:55 | KAC研修・取材旅行

似顔絵ブース

今回のエコキャンドルツアーでは本来似顔絵ブースの予定はなかった。30名の参加者を見込んで大型バスをチャーターを予約して募集を始めたが結局集まった人数はなんと赤字になる最低人数を割り込むわずか14名である。やばい!幹事会で緊急会議をする。観光シーズンのバスのキャンセルは不可能であり、どうしても赤字補填をしないといけない。一部参加の研修旅行に全体予算の補填も難しいし、ツアー料金の追加も避けたい。財政担当のわたしとしてはなんとも厳しい立場においやられる事となる。そこで苦し紛れにだしたアイデアが似顔絵ブースがであった。それでも材料費や出展ブース代を考えると一枚五百円の収入で、はたしてどれだけの収益が上がるのかも不安があった。下手をすれば似顔絵ブースでさらに赤字が増えるかもしれない。不安と緊張のうちにブースを組み立て終えてお客さんを待つ最初はまばらだったテント前に徐々に人が集まる。4名の描き手をそろえるも最初に表れたお客さんを私が描き始める、それにつられて段々見物客も増えてくる。キャンドルイベントのハイライト点火とその直後はさすがに客足も途絶えるが、その後も反響で用意した色紙がすべて使い切り満員御礼状態のうちに大成功で幕を下ろすことができた。お陰でツアー代金の赤字分をまかなってもあまる、収益を得ることが出来た。それよりも京都アートカウンシルに相応しいブースで、地元はもとより福井各地から来られた大勢の人たちと触れ合うことが出来、ともに楽しい時間を共有できたのが何よりの成果であった。
(西山遊野)
c0074640_2257220.jpg



私の似顔絵もでるよ
[PR]
by kac-web | 2007-10-05 22:54 | KAC研修・取材旅行

グループアートとミニ作品

我々のブラックタワーもグループアート部門にエントリー参加した。少人数のグループによるエコキャンドルを使ったアートキャンドル部門は、地元池田町はもちろんのこと広く福井県や他府県からの参加も見受けられるほどの広がりを見せている。我々も遠路京都から乗り込んだだけの意気込みを「ブラックタワー」でぶつけてみた。
a0064449_238854.jpg


a0064449_2384742.jpg



そのほかのアート作品
[PR]
by kac-web | 2007-10-04 23:13 | KAC研修・取材旅行