カテゴリ:高瀬川彫刻展( 5 )

第8回 京都 高瀬川彫刻展

京都アートカウンシル  代表 貴志カスケ(担当) wrote
a0064449_1492934.jpg

第8回高瀬川彫刻展 
2014/11/01~11/9 募集要項

高瀬川彫刻展は今年で8 年目を迎えます。アートで街を活性化するというカウンシルの目標に沿った取り組みです。アートが市民生活に溶け込んでその存在意義を市民に理解してもらおうとする企画です。京都市中心街の木屋町を流れる高瀬川の川中に彫刻を設置して彫刻のプロムナードをつくります。木屋町の風景が一変するこの企画は市民に大変喜ばれています。
会期中には元立誠小学校で映画祭など“まなびや2014”のさまざまな文化イベントが開催されます。
京都アートカウンシルの皆さんに第8回高瀬川彫刻展に是非ご参加、ご協力していただけるようお願いいたします。市民企画のイベントなので予算が全くありません。皆様の多大なるご協力をお願いいたします。

☆今年はクラウドファウンディング(基金)を募ります。
クラウドファウンディングとは、KACが行う事業を多くの支援者からネットを通して資金を募るシステムです。http://camp-fire.jp/category/artで募金を集めます。
基金がうまく集まれば作品カタログを作成いたします。

☆ 募集要項にあたって
1)出品料は無料ですが、搬入、設置、搬出は各自のご負担でお願いします。ユニック車は現地で用意しています。設置に必要なブロックは多少用意しますが大量にご使用される場合は各自でご用意願います。コンクリートベース(70cm×70cm×5cm)が必要な方はお申し出下さい。 
2)現地は多くの人が通る場所であるがゆえに悪戯をされる可能性があります。作品が壊されたりする事故については申し訳ないのですが主催者側は保障しかねますので、ご自分で保険に入るなりの手立てをしてください。保険会社のご紹介はいたします。
3)川中に設置しますので、川が増水しても大丈夫な設置をお願いいたします。
4)作品が未発表であることは問いません。
5)搬入日2012/10/31日(金)、AM 7:00~12:00  予備11/01日 (土) 
搬出日2011/11/10日 (月)、 AM 7:00~12:00  予備11/11日(火)
☆搬入搬出日時に問題がある場合は申し出てください
6)ご参加出品・ご協力の意思を9月30日までに下記までご連絡下さい。メール、FAX、携帯留守電090-2563-9013、葉書等でいただければ幸いです。詳細は後日ご連絡いただきます。
7)連絡、問合せ先 TEL 090-2563-9139 FAX 075-335-3710 メール mail@artunion.info住所 610-1106 京都市西京区大枝沓掛町26-471   貴志カスケ
a0064449_236418.jpg

a0064449_1521123.jpg

a0064449_1491131.jpg

a0064449_1471027.jpg

a0064449_147658.jpg

a0064449_147372.jpg

a0064449_2245639.jpg

a0064449_2164482.jpg

a0064449_1461926.jpg

a0064449_1461467.jpg

a0064449_1455260.jpg

a0064449_1451838.jpg

a0064449_2232560.jpg

[PR]
by kac-web | 2014-08-26 02:21 | 高瀬川彫刻展

第2回 アートサロン 大文字送り火の会

良いお天気に恵まれ16日 
第2回アートサロン 「大文字送り火の会」が行われました。


c0100195_0595962.gif

大文字の送り火を見る会・・・というか
まあ、持ち寄りでも飲みましょうということの感が強いですが、今回は
c0100195_111213.gif

三条神宮道角の2階のカフェを貸しきって
飲み物。お料理は持ち寄りで
男性写真家さんはクルーゼのお鍋でとてもおいしい豚の煮込み料理、K先生はおうどんいっぱいと漬物、薬味たっぷりでみんなでつけ麺、女性陣も焼き豚やら、牛煮込みやサラダ、
ピーマンの肉詰めをたくさん作ってワイワイ
男性陣は買ってきたものでもボリュームいっぱいのローソン揚げ物やら、デパートの高級ハム切り落としいろいろなど、飲み物は先回の残りの確保でOKでした。
代表挨拶で乾杯

アートカウンシル新入会員の方にも来て頂いての自己紹介もあり、食べて飲んで盛り上がったところで

今回は

c0100195_125387.gif

特別にマリンバの演奏があったのですよ。
荒城の月なんて・・アレンジして演奏してくれたらジーンと来てしまいました。
皆さんおしゃべりもやめて神妙に

a0064449_12134286.gif


そして会場は8時でそれから近くの粟田神社に上ってなんと見晴らしよくて境内の真ん中では雅楽の生演奏あり、その演奏を聞きながらしっかり大文字、大、妙、船、左大文字とみえたのでした。

残念ながら 私はカメラを車に置き忘れて写真ないのですが、
a0064449_257122.jpg

(どなたか写真ある方、追加してください。/小さいけど左大文字です。mr)

かわいい舞妓さんさんも大文字見学に、とある彫刻家は大文字を写す振りしてしっかり舞妓さんを後ろからうつしまくってましたが・・・

境内には 立派なねぶたが作られライトアップされていて(これは造形大学の学生さんの作品らしいですが)
本当に大文字みるにはすばらしいシュチュエーションでした。
a0064449_259999.jpg


マリンバのすばらしい演奏あり、新入会者との交流あり、大文字終わってからはブラブラ歩いて、新しい画廊があるなあ~とみんなでのぞいていたら、もう、遅いのに中からオーナーいらして開けて見せていただいたり、しっかりアートな大文字焼きでした。

その後もありで
京都の大文字の夜を満喫でした。
その後のその後の闇に消えた方もいらしたようですが・・・

次回はもっと早めに皆さんにお知らせできるような企画のアートサロンを楽しみたいと思っていますのでこれからもまたヨロシクです。

こんな、アートサロンをして欲しいとかご要望ございましたら是非、ご意見をです。
[PR]
by kac-web | 2009-08-17 12:36 | 高瀬川彫刻展

第13期 第2回 京都アートカウンシル(KAC)主催 「サロン」を開催いたします。

" 京都の夏、五山の送り火の風情を楽しむ ! "

a0064449_940299.jpga0064449_942959.jpg

開催日時:8月16日(日曜日) 17時30分開始予定
開催場所:三条神宮通東 花屋さんの2階 「カネル」さん
     GALLERY「はねうさぎ」さん(KAC会員)の向かい側です。MAP付き
参加会費:お好きなお酒・飲み物 + おつまみ または 参加費として1,000円
参加資格:KAC会員(同伴者はどなたでも)
参加定員:およそ15名くらいまで(まだまだ余裕あります)
参加申込:sanka@kac-web.comここをクリックしてメールでお申込みください。
     または 090-6052-6008 KAC までお電話への直接お申込みもOKです。
開催主催:KAC幹事会

ご存知の事とは思いますが「五山送り火とは」
8月16日午後8時から、京都盆地の周囲の山に、
炎で描かれた「大」「妙法」の文字や鳥居、船が次々に浮かび上がる。
お盆に迎えた精霊をふたたび冥府に返す精霊送りの意味を持つ、あくまで宗教行事である。
市内の川沿いや御所など開けたところから遠望することができ、
関係者は静かに手を合わせ先祖に思いを馳せて欲しい、としている。
東山如意ヶ嶽(支峰の大文字山)の「大文字」がもっともよく知られていて、送り火の代名詞になっている。
江戸時代後期には「い」(市原野)、「一」(鳴滝)、「竹の先に鈴」(西山)、「蛇」(北嵯峨)、「長刀」(観音寺村)
などの字形もあったが、途絶えたといわれている。
京都市北部の地域で現在も行われている「松上げ」と同じような起源を持つと考えられている。
京都三大祭(葵祭・祇園祭・時代祭)に五山送り火を加え、京都四大行事と呼ばれる。

KAC幹事会

[PR]
by kac-web | 2009-08-12 09:50 | 高瀬川彫刻展

アート談義? 流しそうめんの会

梅雨明け前の昨日
雨だから無理かしらと思ったら

絶対晴れ男との保障つきのカスケ氏に雨もおそれいったのか、
大原のちょっとお見せするのは恥ずかしいような我が家の庭にてそうめん流しができたのです。

c0100195_23303570.gif
流すところは

c0100195_2331437.gif
まるで夜店のようにビールやなんやらが冷たいおけにいっぱいです。
総勢20人近くでした。

竹は山から切り出して半分に割って、中の節のところをとって、
脚立など使って上手に流れるようにセッテイングするのは
彫刻家のベテラン先生K氏と若き家具デザイナーで幹事のT氏

私は場所を提供するのみですべて 流しそうめんのいろいろな薬味、つけ汁、鍋から
すべて持ってきてく仕切っていただくのは美術家で美大の先生H氏、そうめん湯がくのも皆男性陣が・・・

私は食べるだけ、準備、片付けも皆やっていただき、私はウロウロだけでしたが
流れるのを食べるのは結構たのし~
子供心にかえったようにて・・・

結構みんなで食べ終わったころころ雨がポツポツ

もちろん家の中には宴会準備が

c0100195_2343587.gif
隣の人をあたかも自分のごとく順番に他人紹介しあって、ワイワイ。
このへんの司会の絶妙の上手さは以前幹事のTさん

(あれ・・・? 誰だ! 茶碗落として割ったのは!・・・)
まあまあ・・・

建前はアート談義となっているのでどなたか先生一応、DVDで作品紹介・・ということもありましたが
暗くなってくると隣に聞こえたらちょっと恥ずかしいような童謡の合唱などもあり
たのしいひと時でした。

ところで、サロン部会立ち上げとしてお茶のお手前もするんだっけ?
そうめん流しとお茶会はちょっと同時にはできるような雰囲気ではありませんでした。
すぐ飲み会に直行という・・・感じで、

私もそうめんだけでは足りないかと 以前やって、なかなか評判良かったので又野菜いっぱいカレー作ったり、
参加者の持ち寄りいろいろおつまみやら、手作りパンやらいろいろすごくいっぱいでした。

c0100195_23561921.gif
たまねぎからはじめていろいろな野菜をいためて11種の香辛料くわえてしばらく炊くと・・・
こんなに水分いっぱいに

a0064449_13435574.gif
今回も皆さんほめていただきよかった~

京都の北の端、飲む方は遠方をバスでいらして、または運転手をかって出た方は飲めずしまいでお疲れ様でした。
(なんだかその飲めなかった方に悪いからと、また2次会を街中でやるという案がすぐ可決されたようで解散となり)

これからも又、いろいろ何か少しはちょっと素敵なゲストのお話やワークショップなど企画したりで
その後親睦会みたいな感じでアートカウンシルらしい企画できたらと思っています。
ぜひ、ご興味ある方、あるいはなくても一度参加されたら
もう一度とおもうような企画していきたいと思っていますのでどしどし、どんどん気楽にご参加ください。
また、こんなことしてほしいというご要望もご意見うかがわせていただければ
実現可能ですのでお待ちしております。

さあ、夏本番あとは八月の立誠夏祭りの準備でいそがしくなりそうです。

アート談義のご様子は?
[PR]
by kac-web | 2009-07-20 14:28 | 高瀬川彫刻展

第13期 第1回 京都アートカウンシル(KAC)主催 「サロン」を開催いたします。

a0064449_523068.jpg" 大原の里で流しそうめんを楽しむ ! "

そうめん指南には星野高志郎さん。流しそうめん台は辻井啓司さんが制作。
ノブコウエダさんが亭主として、お宅をその会場にご提供くださいました。
大原の里の豊かな自然に包まれ、各人それぞれがもてなし合う
至極のひと時をお楽しみください。

開催日時:7月19日(日曜日) 14時開始予定
開催場所:左京区大原草生町 ノブコウエダさんのお宅
参加会費:お好きなお酒・飲み物 + おつまみ または 参加費として1,000円
参加資格:KAC会員(同伴者はどなたでも)
参加定員:およそ20名くらいまで(まだまだ余裕あります)
交通手段:地下鉄烏丸線「国際会館」駅 13:00集合
     京都バス「国際会館駅前」発 3番乗り場19系統 13:20発
     小出石ゆき乗車(13時台はこれ1本のみご注意ください)
参加申込:sanka@kac-web.comここをクリックしてメールでお申込みください。
     また、ノブコウエダさんお電話への直接お申込みもOKです。
開催主催:KAC幹事会、ノブコウエダさん
現在参加予定の方(会員・一般の方含む)
ウエダさん、星野さん、藤森さん、貴志さん、辻井さん、草野さん、塚本さん、小山さん
臼井さん、門谷さん、その他調整中の方若干名

a0064449_428184.jpga0064449_4281380.jpg
第1回サロンのテーマは、カウンシル流「お茶会」。
亭主と客との精神交流を重視する茶会のあり方を説いたのが、わび茶の源流。
そして主客の一体感を旨とし、茶碗に始まる茶道具や茶室の床の間にかける禅語などの掛け物は
個々の美術品である以上に全体を構成する要素として一体となり、
茶事として進行するその時間自体が総合芸術とされている。
その総合芸術を構成する要素は茶道具のみにあらず、個々の感性や日常の設え、
そしてそこで交わされる様々な会話なども含めたパフォーマンスにも総合的に存在しています。
大切なのは「人をもてなす際に現れる心の美しさ」を各自が共有する事。
そんな事をテーマに考え、試行(または指向)するKACならではの行動型サロンです。

KAC幹事会

[PR]
by kac-web | 2009-07-17 11:45 | 高瀬川彫刻展