カテゴリ:路地裏/町の表情( 27 )

堀江

大阪では若者が回遊する最も新しいスポットである堀江。その様子を観る事でまちづくりのヒントがあればと思い大阪を描こう展の帰りに大阪路地裏探検に行ってきた。場所は堀江界わい。
上本町近鉄百貨店での展覧会を観終えてから近鉄難波まで向う。JR難波はOCAT、JR難波駅再開発計画、湊町リバープレイスなど巨大再開発がほぼ完了した再開発地区ではあるがその立派な建物や便利な交通手段のターミナルの割りに閑散とした現状が続いている。それに引き換え今回訪問した堀江界わいは地元の住民によるちょっとしたプロディースが火付け役となって今最もオシャレで最先端を行く若者の町となっている。この対照的な二つの街。なぜこのような大きな差が出るのだろう。まちづくりや都市再生のヒントがここに隠されているのかもしれない。
西山遊野a0064449_2313621.jpg



堀江ってどんな感じ
[PR]
by kac-web | 2009-02-15 23:01 | 路地裏/町の表情

番組小学校

京極、乾隆、翔鸞、正親、待賢、養正、柳池、銅駝、淳風、 弥栄、貞教、明倫、日彰、立誠、郁文、開智、有済、豊園、梅逕、・・・近世からの流れを汲む自治組織である番組。それぞれの番組に自治会所の機能をもつ番組小学校が生まれた。のちに小学校制度のが確立されそれらはその原形として日本の小学校を単位とする地域制度の基礎となっていく。その意味では現在の小学校に延々と受け継がれている学校名は無形文化財といってもよいぐらいに大変貴重な存在だと思う。すでに統廃合でなくなった名前もある。京都の路地裏探検で見逃せないのが素敵な名前の小学校に出会うことだ。今回も淳風小学校の校庭がみえて来る。ここの校舎また渋いなかなかのものだ。京都市内中心部の学校は大変歴史が古く校舎も一世代昔にすでに鉄筋コンクリート造りになっていて、堂々たる近代建築としてその偉容を誇っている。ただしあまりしげしげと小学校を眺めていると怪しいおじさんと思われるので今日のところはそこそこにしておこう。さてあなたも素敵な名前と建物の小学校を探しに路地裏探検をしてはいかが?
(西山遊野)a0064449_0242481.jpg


立誠、明倫に負けず劣らずこの淳風も素敵でしょ
[PR]
by kac-web | 2007-06-30 00:24 | 路地裏/町の表情

アーケード

商店街がシャッター街化して久しくなるが、すでにそうなってしまったことろ、あるいはなりつつあるところはどうだろう、思い切ってアーケードを取ってしまうのはいかがだろう。シャッター街になってさらに天井がある商店街は金属とコンクリートに囲まれたトンネルだ。これほど暗く陰気なところはない。そこまで落ちたのなら、むしろ明るい光でも入れたほうがまだましというもの。営業中もお店もかび臭い陰気な店よりも明るい日差しの下での営業をする方がよいのではないだろうか。商店街の連合会や地元の人は気がつかないのだろうね、いかにそこが買い物をしにくいかを。せめて明るくたのしく安全に歩ける通りにしてから方策を考えてみるのもいいじゃないかな。
(西山遊野)
a0064449_2003474.jpg
[PR]
by kac-web | 2007-06-17 20:00 | 路地裏/町の表情

3月15日

確定申告はもうお済ましされましたか?はいもうしっかり終えられた方が大半でしょう。春は申告をすました人から順番にやってきますからまあそんなに深刻にならなくてもいいでしょう。
ところでe-TAXてご存知でしょうか。国税電子申告という制度でデータ送信で申告書を提出する方法ですこれがすこぶる利用者が少ないらしい。なぜ悪いか内容を聞いて納得。開始届出書の提出、パソコンの設定、ICカードリーダライタの購入と設定、利用者識別番号等を記載した通知書、等々延々と説明が続くこれを理解して行動する人が何人居るだろう。ほとんどいません。利用率が悪いのはよくわかる。以前小渕総理時代にインターネット博覧会インパクというのがあったでしょう。わたしあれに出品展示したのですが一番笑ったのが申し込みに本人確認の為に住民票を添えて申込書を提出したことです。それを知ってこれはたいした事ないなと思いました。まだまだ国のやることは遅れていますね。まあ我々がしっかりしなくてはいけないということでしょう。
(西山遊野)
a0064449_0224583.jpg


a0064449_0231743.jpg
[PR]
by kac-web | 2007-03-15 00:23 | 路地裏/町の表情

堀川商店街

随分レトロな店舗付きアパート。戦時中の空爆による延焼を防止の道路拡張で住宅を失った人の為に造られたもので、庭と廊下をもつ近代的な団地としては日本初の「公営鉄筋住宅」
昭和26年
(西山遊野)
a0064449_0545589.jpg

a0064449_0551450.jpg
[PR]
by kac-web | 2007-03-03 00:55 | 路地裏/町の表情

京都市立成徳中学校

烏丸高辻を西へ高辻通りを少し歩くと見えてくるのが京都市立成徳中学校、昭和6年建築、RC造り3階建)ここは広い間口で高辻通りに面しているのでアーチ型の窓とツタの絡まる校舎が印象的で大変目立つ学校建築である。すでに都心部ではたくさんの小中学校が廃校、統合で多くの名建築が失われた中では貴重な存在であろう。数ある京都市内の学校建築でも露出度はナンバーワンとにかくレトロでカッコイイ。
(西山遊野)
a0064449_0173768.jpg
[PR]
by kac-web | 2007-02-15 00:17 | 路地裏/町の表情

佛光寺

正面に見える大きな伽藍が真宗佛光寺派本山佛光寺である。「阿弥陀堂」「大師堂」をはじめと見事は諸門からなるこの伽藍は京都市内中心部では東西本願寺を除けば右にでるものがないぐらいに大きいものである。付近で言えば洛央小学校や大丸百貨店などより大きな敷地面積をほこる。鐘楼から鐘の音が響きあたりの空気を震わす。こういう雰囲気はやはり町歩きならでは味わいだろう。町歩きは五感で楽しむことが大切だ。暑さ寒さ、風のそよぎ、町の喧騒、そしてお腹が空けば途中見つけたお店に入る。出来るだけ地元にとけ込んだ店の方がいい。もちろん目から入る情報が一番大切だ。ちょっとした下調べはいいがあまりガイドブックに頼らないこと。自分の目と心で何か面白いものを見つける気持ちも忘れずに。
(西山遊野)
a0064449_022112.jpg
[PR]
by kac-web | 2007-02-13 00:31 | 路地裏/町の表情

電信柱がなくなって困るのはだれ?

松原麩屋町交差点の電信柱は数ある京の町の電柱でも飛び切りの賑やかさなので興味のある方はぜひ注目されたらいい一級の品である。もっとも電信柱は嫌われ者でこれがなくなって困るのは散歩の犬と町並み画家ぐらいでしょうか。私などは町並みの絵を描くときこれが遠近感と雰囲気をだす小道具としてなくなると困ります。
a0064449_0305453.jpg
[PR]
by kac-web | 2007-01-11 21:25 | 路地裏/町の表情

万寿寺通りの狭い一部分のなぞ

河原町五条からスタートをする。今回の目的地は京都市交通局壬生車庫までの数キロ足らずの短いコースである。スタート地点からの方位は北へ西へ通りを取るコースになる。まずは西へ2筋目麩屋町通りを北にむいて行くことにする。今日はあいにくの雨になった。雨降りは傘の為に片手をとられてしまうので何かと町歩きには不便になる。傘を差しながらのカメラ撮影はほんとに不細工だ。専門のカメラマンなら助手が傘を差したりするのだろうか。すぐのところにある小さな社を越えて一筋目は万寿寺通り。この万寿寺通りは元々狭い路地なのだか特にこの富小路通麩屋町通間は最も狭く乗用車一台がやっとの道幅である。なぜここは特に狭いのだろう。京都の道は本来碁盤の目で形良く通っているのが普通なので斜めや変型した通りは古くには何から理由があってそうなった歴史が隠されている。そのあたり研究すれば面白いのだろうがまあ気にはなりながら通過したが?さてねなぜここが狭いのかご存知の方はいるのだろうか。ちょっとこれは難題ですね。
西山遊野
a0064449_1802679.jpg


ご覧のように万寿寺通りの富小路通麩屋町通間わずか数十メートルだけが道幅が狭い。
[PR]
by kac-web | 2007-01-06 18:00 | 路地裏/町の表情

中華そばください

大衆食堂のメニューとして、めん、丼、中華そば、といわれる食べ物がある。面白いのは昔からめんは類で丼は物で分類される。めん物や丼類などはあまり聞いたことがない、中華そばにあっては単独の破格の優遇扱い。ううん迷わず「中華そば」ください。 西山遊野
a0064449_22181810.jpg
[PR]
by kac-web | 2006-10-15 00:02 | 路地裏/町の表情