<   2007年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

京都臨床美術をすすめる会

27日土曜日ひとまち交流館にて京都臨床美術をすすめる会のワークショップが開かれました。
 これは、カウンシルメンバーのフルイさんが中心になって立ち上げました。
以前わが小米庵でもワークが開かれました。

京都臨床美術をすすめる会とは

東京では臨床美術の教室が幾つかあり、認知症とその家族が毎週のようにアートワークを行っています。
 岐阜、長野でも介護予防事業に取り入れています。
 現在は日本臨床美術協会が養成コースで学んだものに臨床美術士としての資格をだしてます。
 京都で学ぶ機関や資格とる場がないので、京都臨床美術をすすめる会をたちあげて、勉強会をして、近いうちには京都でも資格が取れるような場をつくろうではないかということではじまりました。
 芸術造形研究所の金子先生が彫刻家として、又、子どもアトリエの経験から、臨床美術が右脳を活性化するということで、これこそ、自分がやってきたことで自分もなにか社会の役立つことをとかんがえられて始められました。

「臨床美術のすすめ」-日本地域社会研究所  コミュニテイブックス 1400円
入門書としてはとても読みやすいです。

なにしろ、資格とってどこかで役立つようになんて考える前に本当に目からうろこの絵画、というか実践した自分自身がとてもその時間充実してたのしかったことです。この方法だとどの絵がうまいとかヒトと比べるとかそういうことは一切関係なくどの絵も個性豊かで素敵に見えます。

「アクテイビテイで使えるかんたん芸術療法」 日総研出版  3000円

 これは実践編にてよく読めば、すぐ実践できます。CDつきです。


「アジの絵」のワークがおこなわれました。

 アジの開き  一人1匹 づつです。
 まずは渋めの色画用紙にメタリックホワイト(アクリル絵の具)をといて、新聞紙をまるめたタンポンで大きく楕円に、アジのひらきの肉厚な感じにぽんぽんひかるいろをのせていく。
 その上にオイルパステルで好きなように、目とか、うろこのようすをかいて、
最後に割り箸ペンの墨で簡単にふちなどを線がきしたり、ひっかいたりして

あっという間に個性豊かな、青光りしたアジの開きのできあがりです。

認知症のためのワークとしてだけでなく、誰でも自分自身が絵を描く喜びを体験できますし、子どもの美術教育のプログラムとしても新しいアプローチで魅力的なカリキュラムです。

京都臨床美術をすすめる会は会費2000円(代表フルイ ミエコ)

又、次回もお知らせしたいと思います。

nobukouedaでした。(blog石のコトバ)
a0064449_18425499.jpg




 a0064449_1843336.jpga0064449_18435535.jpg
[PR]
by kac-web | 2007-01-30 18:51 | KACイベント・講演会

西山遊野カレンダー原画展御礼

西山遊野カレンダー原画展ご高覧ありがとうございました。
西山遊野カレンダー原画無事終了いたしました。
今回KAC小米庵を使い個展を開催できるチャンスをいただき
また沢山の方にお運びいただき本当にありがとうございました。
楽しい時間を過ごすことができ、またいろいろ勉強もさせていただきよい経験と刺激にもなりました。
カスケさん北浦さんいろいろお世話になりありがとうございました。
町屋の雰囲気がとっても良かったです。またカウンシルのメンバーのみなさんも
メンバーさん以外でもアートスペースをご希望される方は
ぜひご利用ください。わたしも正直使うまでそのよさがもう一つイメージできませんでしたが
今回利用させていただき本当にそのよさを実感いたしました。
詳しくは担当貴志カスケさんまで。
(西山遊野)若井 明
a0064449_22152357.jpg
[PR]
by kac-web | 2007-01-28 22:13 | 会員個展・展覧会

小米庵サロン「大奥の奥を語る」藤森哲朗氏

日本画家の藤森哲朗さんが映画やドラマの「千年の恋」「大奥」セットで使われたの襖絵の構想から、製作過程、ポリシーや絵画哲学から映画やドラマの裏話、江戸城の構造まで幅広く、興味深い話をされた。集まったメンバーもカウンシルメンバーから高校生まで幅広く熱心に聞き入り、また観客の皆さんからも鋭い質問などがでていた。お話後は藤森哲朗さんの熱い思いが伝わり大いに芸術論から???話まで夜遅くまで盛り上がっていた。 藤森哲朗さん楽しく為になるお話ありがとうございました。 (西山遊野)
a0064449_1604.jpg



More
[PR]
by kac-web | 2007-01-26 01:07 | KAC展示会

西山遊野カレンダー原画展オープニングパーティー

西山遊野カレンダー原画展のオープニングパーティーとそこへ行くまでの西山遊野の心情風景
今日は西山遊野こと私の原画展のオープニングパーティーの日だ。下戸なのでお酒にまつわる生活や環境なく体験が極めてすくないので極力お酒を避けて通ってきた人生なのだが、自分の個展のオープニングを開かないわけにはいけない。うううと、やり方がわからんし、はたしてお客さん来るかな?まあ何とかなるやろうと思いつつ、阪急西院駅から不安を打ち消すように気持ちはいつものように町並みに向いてしまう。
まず目に入ったのはこれ。
a0064449_22403150.jpg


かざらない銀行、長い~お付き合いのK銀行さんのこの看板どうです。
ちょっとK銀行らしくないな~なんやこの巨大な看板ロゴはおそらく各店舗中最大にして
空前の大きさ~。なるほどとなりのJ電機の店舗が派手にしたため、めだたへんからその対抗手段やな。目には目を方式やな。ちょっとやり方が子供っぽいと思うけど?
さてこの大型看板○か×か。君ならどっち、それが明日の京都をつくる!



More
[PR]
by kac-web | 2007-01-23 22:49 | 会員個展・展覧会

2007アートカウンシル新年会

貴志カスケWrote
1月19日(金)にギャラリーマロニエでアートカウンシルの新年会が開催されました。
総勢、50から60名くらいの参加でしょうか。19日と開催日が少し遅れて新年気分から遠のいた感があったのですが、たくさんの人にお集まりいただいてありがとうございます。大橋ケイタ代表のあいさつとともに乾杯し、和気藹々と歓談が始まりました。途中、幹事から旧幹事、新会員,一般会員と自己紹介をしました。話しを聞いているものも聞いていないものもみんな大いに語りおおいに笑ったひと時でした。二次会は「てんや」に行き、オーナからの差し入れもありここでも盛り上がり、3次会は「八文字屋」と「ブーズケー」に別れそれぞれ深夜の闇の中に消えていきました。
a0064449_23512695.jpg
a0064449_23513946.jpg
a0064449_23514993.jpg

[PR]
by kac-web | 2007-01-22 23:51 | 会員個展・展覧会

ス・バ・ラ・シ・キかな京都って!

年末・年始と京都にいましたので
カミさんに場所だけでも教えようと
誰もいない小米庵にも行きました。

鴨川では寒空の中三条大橋の河原で
同志社大ともうひとつどこかの大学の応援団の
寒中応援合戦などあって、
やはり行けばなにかに出逢いますね。
京都って!

スバラシイ!

2枚の掲載写真下のMoreからもう少し写真をリンクしていますのでよろしければご覧ください。
また、皆さま、この書き込みの下に
(すみません・・・写真がズラズラとなってしまいました)
● モリ ナヲ 展や
● 西山遊野さんの洛中洛外スケッチ図屏風カレンター原画展や
● 京都アートカウンシル本日(19日)の新年会のお知らせ
もありますのでそちらもどうぞご覧ください & ご観覧 、ご参加くださいネ。

サイトウジョウイチ
a0064449_1423836.jpg
a0064449_144262.jpg


More
[PR]
by kac-web | 2007-01-18 14:06 | こんな京都

アートカウンシル新年会

貴志カスケWrote
 アートカウンシル新年会を下記日程で開催します。会員の方々、また会員外の方もこぞってご参加ください。
 日時 1月19日(金) 午後7時より ギャラリーマロニエにて(四条河原町上る東側)
 一品もちよりです。よろしくお願いいたします。

 また、小米庵では下記記事にあるように西山遊野氏こと若井 明さんの「カレンダー原画展」が開催されます。西山さんはカウンシルブログを支えてくれている大黒柱、ブログでは写真と文で洛中洛外のおもしろさを伝えてくれてますが、今度は絵画というかたちで伝えてくれます。是非ご高覧を!
[PR]
by kac-web | 2007-01-17 16:56 | KAC新年会

西山遊野の洛中洛外スケッチ図屏風カレンター原画展

カレンダー原画展  
2007年カレンダー「洛中洛外スケッチ散策」
京都小米庵 byKAC
京都市右京区西院小米町34
075-314-8776
2007/1/23~1/28
1:00PM~7:00PM 
西山遊野 
23日オープニングパーティー開催いたします。a0064449_0195074.jpg
[PR]
by kac-web | 2007-01-17 00:19 | 会員個展・展覧会

モリ ナヲ 展

貴志カスケWrote
モリ ナヲ さんの展覧会が始まっています。会期は2007年1月12日から21日(日)まで、会場はGALLERYはねうさぎです。
豪快な筆捌き?で会場を圧巻しています。初日には山本新太郎さんや宮田君、藤森君がきておられました。
隣の城戸みゆき展ものぞき穴から面白いものが見える楽しい作品です。是非ご覧になってください。
詳しくはリンクをはっていますのでGALLERYはねうさぎのホームページで。
a0064449_12332467.jpg
a0064449_12334490.jpg

[PR]
by kac-web | 2007-01-14 12:33 | 会員個展・展覧会

電信柱がなくなって困るのはだれ?

松原麩屋町交差点の電信柱は数ある京の町の電柱でも飛び切りの賑やかさなので興味のある方はぜひ注目されたらいい一級の品である。もっとも電信柱は嫌われ者でこれがなくなって困るのは散歩の犬と町並み画家ぐらいでしょうか。私などは町並みの絵を描くときこれが遠近感と雰囲気をだす小道具としてなくなると困ります。
a0064449_0305453.jpg
[PR]
by kac-web | 2007-01-11 21:25 | 路地裏/町の表情