<   2007年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

30年前の風景です

1987年3月の写真です。さてここはどこでしょう?
望遠レンズでとっていますが特徴的な交差点の形や
周りの風景をよくみれば判るでしょうか。
ヒント
左手には2006年に外資系資本に変わったホテルがあります。
右手には国立の施設があります。
(西山遊野)
a0064449_1575992.jpg



答え
[PR]
by kac-web | 2007-02-25 15:11 | ここはどこでしょう

柴田良三氏の講演大盛況

既報のとおり2月19日に柴田良三氏によるアメリカとオーストラリアから見た日本の工芸」の講演会が小米庵で開催されました。
当初、お客さんの入りが心配されていましたが、当日は28名(定員30名)の参加で小米庵が満杯になりました。年長者は川上力三さんや山本新太郎さんから若者では精華大学のの陶器科の学生達が参加してくれました。入口から入って右側の白い壁をスクリーン代わりにしてノートパソコンからの影像を映し出してのレクチャーでした。
 話の内容は留学制度の活用を促すところから始まり、アメリカの広大な大学の中に在る文化施設の紹介、オーストラリアの文化施設の紹介、非常に設備に恵まれた中で学生達が制作をしている様子などが語られました。そんな中でもこれら外国人にくらべ日本人の器用さ旨さはすばらしいものがあるとの話しでした。2時間ぐらいたっぷりしゃべってもらった後も若者を交えての懇談。大変有意義な夜でした。生ビールとおでん、焼酎などがおしゃべりに拍車をかけていたように思えました。
a0064449_23115387.jpg

a0064449_23121692.jpg

[PR]
by kac-web | 2007-02-22 23:12 | KAC展示会

藤井康一さんのライブ

 貴志カスケWrote

藤井康一さんのライブがナッシュビルで2月の16日にあった。ナッシュビルはアートカウンシルの会長大橋ケイタ氏が毎週土曜日にライブをしているカントリーのお店。今回のライブは副会長の渡邊明氏らがBooze・Kの晃ちゃんやナッシュビルの協力のもともくろんだもの。
コミカルなウクレレライブで非常に楽しいライブでした。途中若い美人のダンサーが出てきたり、ナッシュビルのバンドのメンバーといしょに演奏したりして会場全体が和やかな雰囲気に包まれたライブでした。
 写真手前のギターをかかげた後姿は会長の大橋ケイタ氏。
a0064449_1165582.jpg

[PR]
by kac-web | 2007-02-21 01:16 | おおきに

アメリカとオーストラリアから見た日本の工芸ー柴田良三氏

貴志カスケWrote
 2月のKACサロンは柴田良三さんにお話をしてもらいます。会報にも書きましたが、柴田さんは一昨年は文化庁の新進芸術家研修員制度でアメリカに留学。昨年はオーストラリアのキャンベラの美術協会に招聘されて、現地で制作し展覧会を開いてこられました。
 彼は西山高原アトリエ村のメンバーです。昨年の子米庵でのアトリエ村の展覧会のときはちょうどオーストラリアに行っていて出品は出来ませんでしたが、その後の寄り合いの時にオーストラリアの体験談など聞いているととても興味深い話が次から次にと出てきました。この話はここだけの話としておくのはもったいないということで今回のサロンにお招きしました。
みなさん、是非聴きに来てください。

2月19日(月) 19:00~ 会場は小米庵です。 
会費は1000円でお飲み物とお菓子をご用意します。
もちろん、生ビールも一杯300円で用意しております。

柴田良三さんの作品です。
a0064449_057592.jpg
a0064449_0583076.jpg
a0064449_0585338.jpg

[PR]
by kac-web | 2007-02-16 00:59 | KAC展示会

京都市立成徳中学校

烏丸高辻を西へ高辻通りを少し歩くと見えてくるのが京都市立成徳中学校、昭和6年建築、RC造り3階建)ここは広い間口で高辻通りに面しているのでアーチ型の窓とツタの絡まる校舎が印象的で大変目立つ学校建築である。すでに都心部ではたくさんの小中学校が廃校、統合で多くの名建築が失われた中では貴重な存在であろう。数ある京都市内の学校建築でも露出度はナンバーワンとにかくレトロでカッコイイ。
(西山遊野)
a0064449_0173768.jpg
[PR]
by kac-web | 2007-02-15 00:17 | 路地裏/町の表情

佛光寺

正面に見える大きな伽藍が真宗佛光寺派本山佛光寺である。「阿弥陀堂」「大師堂」をはじめと見事は諸門からなるこの伽藍は京都市内中心部では東西本願寺を除けば右にでるものがないぐらいに大きいものである。付近で言えば洛央小学校や大丸百貨店などより大きな敷地面積をほこる。鐘楼から鐘の音が響きあたりの空気を震わす。こういう雰囲気はやはり町歩きならでは味わいだろう。町歩きは五感で楽しむことが大切だ。暑さ寒さ、風のそよぎ、町の喧騒、そしてお腹が空けば途中見つけたお店に入る。出来るだけ地元にとけ込んだ店の方がいい。もちろん目から入る情報が一番大切だ。ちょっとした下調べはいいがあまりガイドブックに頼らないこと。自分の目と心で何か面白いものを見つける気持ちも忘れずに。
(西山遊野)
a0064449_022112.jpg
[PR]
by kac-web | 2007-02-13 00:31 | 路地裏/町の表情

清、ふ

「清」、「ふ」さてここはどこでしょう。
a0064449_034338.jpg


a0064449_0361099.jpg


これですぐわかる人は路地裏探検隊に入りましょう。


では判らないという人にヒント。伏見区にあります。
わかりましたか?
伏見といえば清酒・・・・清酒で「ふ」といえば「ふりそで」
そうです「清酒ふりそで」の蔵があるところです。
地元の人なら皆わかる
車で南部へ行く人もここをよく通るのでは。
あるいはおけいはん乗る人も知っているかもしれません。
答えはMoreをクリックしてくださいね。

More
[PR]
by kac-web | 2007-02-09 00:34 | ここはどこでしょう