<   2007年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

番組小学校

京極、乾隆、翔鸞、正親、待賢、養正、柳池、銅駝、淳風、 弥栄、貞教、明倫、日彰、立誠、郁文、開智、有済、豊園、梅逕、・・・近世からの流れを汲む自治組織である番組。それぞれの番組に自治会所の機能をもつ番組小学校が生まれた。のちに小学校制度のが確立されそれらはその原形として日本の小学校を単位とする地域制度の基礎となっていく。その意味では現在の小学校に延々と受け継がれている学校名は無形文化財といってもよいぐらいに大変貴重な存在だと思う。すでに統廃合でなくなった名前もある。京都の路地裏探検で見逃せないのが素敵な名前の小学校に出会うことだ。今回も淳風小学校の校庭がみえて来る。ここの校舎また渋いなかなかのものだ。京都市内中心部の学校は大変歴史が古く校舎も一世代昔にすでに鉄筋コンクリート造りになっていて、堂々たる近代建築としてその偉容を誇っている。ただしあまりしげしげと小学校を眺めていると怪しいおじさんと思われるので今日のところはそこそこにしておこう。さてあなたも素敵な名前と建物の小学校を探しに路地裏探検をしてはいかが?
(西山遊野)a0064449_0242481.jpg


立誠、明倫に負けず劣らずこの淳風も素敵でしょ
[PR]
by kac-web | 2007-06-30 00:24 | 路地裏/町の表情

「講談!ニッポン偉人伝」 と 交流会 ~報告~

第一回は、旭堂南海「宮武外骨(みやたけ がいこつ)伝」
f0142308_15355283.jpg

会場の「カスタ君の町家」は京都の代表的な町家建築様式「鰻の寝床」。
土間から見ると、家の奥まで一直線に部屋があって襖や障子を取り払えば
長細~い座敷に早代わり。
一番奥に坪庭。

朝から土砂降りで心配のお客様は、6時の開場とともにどんどん見え一安心。

宮武外骨が発行した「滑稽新聞」の一部をコピーし、皆さんに回し見してもらう。その内容は奇抜ながら解り易く楽しく美しく、クオリティの高さは今読んでも面白い。
講談は、外骨が借金・投獄・海外逃亡などを経て滑稽新聞を発行するまでのお話。
情報の垂れ流し、焼き直しで氾濫するマスコミを批判し、誰の制約も受けない自分の考えを新聞に書き続けた外骨。
必要な人がまっとうな代金を支払って購入し、しかも購入者は喜ぶという部分にうなづくお客さん。
外骨の先見性と行動力、加えて志の高さに、今も変わらぬ魅力があるのでしょう。

f0142308_15364786.jpg

交流会は18名、南海さんを交えて最高~!に愉快な時間を昭和レトロなテレビ・ちゃぶ台・長火鉢など骨董品が並ぶ座敷で。
料理とお酒でお客さんの緊張がほぐれた頃から質問がドシドシ。
ストリップ劇場の呼び込みやヴァイオリン演歌のことなど、
怪しげでどこか魅力的だったものの昔話が、南海さんの実演付きで1時間半以上。
ウィーン大学のリンハルト教授が、南海さんの講談のために滞在中の堺から駆けつけて!
日本の文化を海外で紹介される際、より大衆的な面から研究されておられるそうで、
浪曲・講談・笠置シズ子、と日本人よりお詳しいのには驚きでした。
f0142308_1537492.jpg


10時前、名残惜しいほど盛り上がった交流会はお開き。
㈱カスタネットさまより、会場の提供・宣伝協力・当日のお手伝い・来場者へカスタ君クッキーのおみやげ等・・・本当にお世話になりました。
次回は「南方熊楠(みなかた くまぐす)」を南海さんにリクエスト中。晩秋頃に出来ればいいなと思っています。

毎月第3金曜日の夕方から、カスタ君の町家では『社会企業家・起業をめざす人たちの交流会』が開催されています。
[PR]
by kac-web | 2007-06-28 10:26 | KACイベント・講演会

会員展覧会、公演会レポート

会員の皆様各地でそれぞれ活躍されているところへお邪魔してきました。いつもながら会員の様々な方面でのご活躍とその才能にはいつも感心と尊敬の気持ちをいだきます。
(西山遊野)
畔(くろ)の会陶展Ⅱ 京都市くらふと・ギャラリー「集」 2007/6/19~24 会員 三木千草さん
a0064449_0525967.jpg


堤江実朗読会  芦屋市民会館 2007/6/24 司会と朗読担当 会員 佐々木博子さん
a0064449_0531768.jpg


a0064449_0533980.jpg


第一美術協会関西支部三人展 西宮市ギャラリー雛 2007/6/26~7/1 会員 下澤和夫さん
a0064449_054153.jpg


a0064449_0541530.jpg


うまれるってうれしいな
堤 江実 / / 清流出版
スコア選択:
[PR]
by kac-web | 2007-06-28 00:45 | 会員個展・展覧会

高樹レイアットパーカーハウスロール

京都アートカウンシル音楽部会 JAZZ係京都分室代表として行ってまいりました。やあよかった最高。スインギーでファンキーアンドビ・パップしてまいりました。夏至を越えたばかりの6月23日、まだ柔らかな日差しがすがすがしい夕刻パーカーハウスロールへ早々の到着でかぶりつきの最前列を確保してカンパリなど飲みつつライブの始まるのをまっておりました。

高樹レイさん(Vo)と向井滋春さん(tb)のコラボレーション、井上祐一さん(p)加藤真一さん(b)によるリズムセクション始まりはトリオ演奏とスリリングなソロバトルそしてぐっと乗ってきたところに高樹レイさん登場イメージが変わりしっとりしたバラードや向井滋春さんとの掛け合い終盤には向井滋春さんが商売道具のトロンボーンをほったらかしてなんとチェロを引き始めるコール・ポーターの「ソー・イン・ラブ」ですよ。いやほんと楽しかった。ありがとうございました。

それでもって終了後高樹レイさんご挨拶に行ったとき「京都アートカウンシルに入ります」なんていっていただいたようないないような、なんせ演奏にすっかり酔っていましたが私にはたしかにそう聞こえました。もし本当に実現すれば京都アートカウンシル東京支部 音楽部会 JAZZ係は本格的な部会になりそうです。
(西山遊野)
a0064449_0383155.jpg



いえ~ 
[PR]
by kac-web | 2007-06-24 00:35 | おおきに

渡邊明ガラス展レポート

渡邊明さん展覧会の初日お邪魔してきました。高島屋京都店でははじめての個展でファンや初めてのお客様も含めたくさんの方の入場で賑わいをみせています。ご質問にも丁寧にお応えされ作品同様にアーティストとしての真剣で真面目なお人柄を垣間見ることができました。また展示された切子作品のそれぞれには煌きの明るさのなかにも独特の清楚で静かなる品格をたたえる作品にため息をきりっとした洗練された美意識を感じられます。
(西山遊野) 撮影とブログアップは渡邊明さんの許可とご了承を得ております
a0064449_0265996.jpg



作品と会場
[PR]
by kac-web | 2007-06-21 00:27 | 会員個展・展覧会

世界の美術状況を垣間見よう! アートカウンシル企画

世界にはいろんな国があります。その国々が美術にどれだけの関心があり援助しているのか。日本の美術界にだけ見ているのじゃなくて世界に目を広げて日本美術をふりかえろう!
前回の柴田良三氏に続いて第2弾!今回はいまや世界的な現代アーティストの麻谷 宏 氏と同氏とともに世界サミットドイツ開催特別企画展に出品された山崎 良 氏にスライドを交えてたっぷり語ってもらいます。

6月22日(金)PM7:00 小米庵

現代美術
麻谷 宏 世界を歩く
プサンビエンナーレ(2002)
アラブ首長国連邦シャルジャインターナショナルビエンナーレ(2003)
日独芸術交流展プロジェクト(2004 テテロ)
光州ビエンナーレ特別展(2006)
アートレインボープロジェクト(2007 ドイツ ロストック)と世界をまたにかけて展覧会をしておられる麻谷さんに展覧会の苦労話、こぼれ話などをしていただきます。

6月23日(土)PM7:00 小米庵
山崎 良 彫刻家
2007 ドイツ ロストック
アートレインボープロジェクトの全貌
世界サミットドイツ開催特別企画展で日本人の作家30数名が出品した展覧会。
現代アートから伝統工芸の幅広い作品が展示された展覧会です。その中の8割の方が京都の作家でした。この展覧会の全貌を山崎さんに語ってもらいます。

参加費500円
[PR]
by kac-web | 2007-06-19 15:08 | KAC展示会

ー光を刻むー 渡邊明さんガラス展開催です。

3月から mixi(ミクシイ)という SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービスー会員紹介制のコミュニケーション・サイト)で、
一般の方へのアピール・ツールとしてこんな展開を試みています。京都アートカウンシルコミュニティ
今回は、今月20日から四条河原町高島屋京都店で開催される「ー光を刻むー 渡邊明ガラス展」を紹介しています。
(渡邊さん・・・勝手にごめんなさい・・・)

渡邊さんの作品は、まさに光と織りなす眩い世界。見る人の視点、光との関係性、そして心の角度と、
様々な方向から多様な存在性を見いだすことができます。是非、ご堪能くださいませ。

また、この mixi は、時間や場所を超えた新たな人々との繋がりも期待されます。なお、ご参加は紹介が必要ですので、
ご希望される方はサイトウジョウイチ(saito@jamp-net.com)までメールでお知らせください。ご招待メールをお送り致します。
[PR]
by kac-web | 2007-06-19 06:51 | 会員個展・展覧会

この場をお借りして申し訳ありません・・・

a0064449_535364.jpg皆さま5月の小米庵展では本当にお世話になりました。
京都アートカウンシル東京支部 音楽部会 JAZZ係のサイトウジョウイチです。
(ん?そんなんあった?)
ワタシの素敵なお友達高樹レイさん」のライヴのお知らせです。
この場をお借りしてのお知らせで申し訳ありません・・・
日時は6月23日(土曜日)19:00より
場所は「パーカーハウスロール」というライヴ・ハウス。
烏丸通り松原通り下がる東側メンバーズゴルフビルB1です。TEL 075-352-8042
しっとり、とした梅雨の一日を
しっとり、ついでに素敵なジャズ・ヴォーカルでもっと
しっとり、とお過ごしになりませんか?
男性会員のみなさま、女性をお誘いなるいい機会!
女性会員のみなさま、男性に誘われるいい機会!
かも・・・??? 最近は逆パターンのほうが多い???
当日は是非「レイさん」に声をかけてあげてください。
「京都アートカウンシル」と言っていただければイッパツでわかります。
どうぞお楽しみくだされぇ〜〜

NOW HEAR THIS!!
高樹レイ / / カメラータ東京
スコア選択:
[PR]
by kac-web | 2007-06-18 05:39 | Liveのお知らせです

アーケード

商店街がシャッター街化して久しくなるが、すでにそうなってしまったことろ、あるいはなりつつあるところはどうだろう、思い切ってアーケードを取ってしまうのはいかがだろう。シャッター街になってさらに天井がある商店街は金属とコンクリートに囲まれたトンネルだ。これほど暗く陰気なところはない。そこまで落ちたのなら、むしろ明るい光でも入れたほうがまだましというもの。営業中もお店もかび臭い陰気な店よりも明るい日差しの下での営業をする方がよいのではないだろうか。商店街の連合会や地元の人は気がつかないのだろうね、いかにそこが買い物をしにくいかを。せめて明るくたのしく安全に歩ける通りにしてから方策を考えてみるのもいいじゃないかな。
(西山遊野)
a0064449_2003474.jpg
[PR]
by kac-web | 2007-06-17 20:00 | 路地裏/町の表情

6/22(金)【講談!ニッポン偉人伝】

マスコミ・行政・アーティスト・神職・NPO・お寺さん等・・・毎月、㈱カスタネットさんが行っている町家での異業種交流会に特別企画として講談を開催いたします。

講談のテーマになる宮武外骨(みやたけがいこつ)は、明治のジャーナリストで、ユーモアと痛烈な社会風刺で爆発的に売れた「滑稽新聞」の発行人です。
奇想天外・ハチャメチャで刺激的な生き方が、現代でも注目されつづける人物です。
是非お越し下さい。

↓宮武外骨と「滑稽新聞」の挿絵
a0064449_15345986.gif

◆日時 : 6月22日(金) 18時30分開演
◆内容 :
   講談「宮武外骨伝」/旭堂南海18時30分~
      ~~中入休憩~~
   交流会(南海さん・植木社長を交えお酒を飲みながら)・・・19時45分頃~
   (交流会参加希望の方は予約お願いします)

◆会費 : 1,000円 (交流会+1,500円)
◆定員 : 30名
◆場所 : カスタ君の町家 座敷
 京都市中京区小川通六角下ル元本能寺町386




a0064449_16102636.jpg↓カスタ君の町家サイト(チラシダウンロード可)
http://www.casta-kun.com/modules/weblog0/details.php?blog_id=23
↓旭堂南海師のサイト(プロフィール他)
http://homepage3.nifty.com/kodan-nankai-fun/index.htm
*交流会では、ビール・お茶・ジュース・その他軽食を用意をいたします。

◆お申込・お問合せ : 艶芸サロン(スギモト)
kappore2@ezweb.ne.jp
   090-96296734

◆協力 : (株)カスタネット社会貢献室
         http://ueki.biz/     
      京都ソーシャル・アントプレナー・ネットワーク
         http://www.ksen.biz/

[PR]
by kac-web | 2007-06-13 16:22 | KACイベント・講演会