<   2008年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

展覧会案内

お久しぶりです。展覧会案内です。ブログとおなじですみませんが・・


今月は何も展覧会無かったので先月からのんびりしてしまったら、もう、今週末搬入の展覧会がせまって
まだ、作品できてなくてオタオタです。
とりあえず、
案内状アップします。

c0100195_9401036.jpg


c0100195_9402742.jpg


一応私と 四日市のプリントワークの作家さん判冶さんと名古屋の2人の男性ユニットの映像作家のバイパーウエアーです。
実は彼らとは、もう本当に20代のころからの友人で、そのころ名古屋で現代美術のギャラリーは桜画廊というのぐらいの時代に栄近くのビルにスペースを借りてそこで、展覧会したり、研究会したり、読書会、討論会のような茶話会などしていた「8号室」というスペースを自分たちで維持していたのです。
 私は大学でてから地元に帰り名古屋のそのスペース「8号室」に参加するようになりました。

今回は久しぶりにそのメンバー彼らと一緒の展覧会です。
 判冶さんは昨年はハンガリーの国際版画展にて賞をとられて、今回はちょうど展覧会期間とダブってしまいましたがこれからハンガリーに招待されて向こうでレクチャーなどされるようです。ほか、 バイパーウエアーは広島アートドキュメントや、ロンドンなどいろいろなところで映像作品発表されています。
ギャラリーアーティスロングさんは堀川三条西の三条商店街はいって一の角のギャラリーです。地下鉄ですと、二条城駅がちかいでしょうか。
 モダンな和風の中庭もあってステキなギャラリーです。
それにこの商店街はなんとすごい長さ!でなかにはとてもユニークなカフェや昔ながらのお店や超安い洋服売ってるブテイックなどなどあります。
 祇園宵山などちかいですので是非、一度お出かけください。

私は初日(火)、金曜日土曜日、日曜日など行っております。
この日以外でいらっしゃる方ご一報いただければ(水曜日)以外はうかがえますので。

7月8日から20日までです。

ヨロシク願います。
(ノブコ・ウエダ)
[PR]
by kac-web | 2008-06-30 10:20 | 会員個展・展覧会

第三回景観と看板ウォッチング(銀閣寺道から吉田2)

では質問街を歩いていて電池が欲しくなった時さてこのような下図の自販機を見つけた時さてあなたならどうする?下記の中からもっとも適切な答えと思えるものを選べ
1もちろん電池が欲しいのだから迷わずコインを自販機に投入する
2なんだか古い自販機なのでコインをいれても電池もでずコインも戻らないようなので止める
3なんで街を歩いていて電池がほしくなるの?喉が乾いてペットボトルがほしくなるなら判るが出題にむりがあんるじゃない遊野さん
4ナショナルブランドはもうじき無くなってパナソニック乾電池になるので今のうちにまとめ買いをする。ついでにこの自販機も丸ごと買いたいと申し出る。太っ腹な自分の買い方に快感~
a0064449_0173274.jpg
[PR]
by kac-web | 2008-06-30 00:22 | KAC京都路地裏探検隊

第三回景観と看板ウォッチング(銀閣寺道から吉田)

予想通り梅雨空の下第三回景観と看板ウォッチングは銀閣寺道からスタートする。今回はいままでのコース以上に観光地やメジャーなスポットが多い地区。あえてあまり歩かない通りを中心に歩こうという事で哲学の道、神楽岡通、吉田山は外して京都大学と吉田山に挟まれた住宅街を歩くとにした。学生街の雰囲気たっぷりの東今出川通
(西山遊野)
a0064449_10953.jpg



街歩きを見送ってくれた
[PR]
by kac-web | 2008-06-29 01:02 | KAC京都路地裏探検隊

第三回景観と看板ウォッチングご案内

~雨や暑さを体験するのもいいかも~
日時6/28(土)13:00
集合場所 銀閣寺道(白川通今出川交差点南東角)
主な散策ルート銀閣寺道から東山まで

今回は雨や暑さなど気候条件が予想できませんので参加申し込みいただいて
当日の様子で取りやめをされても構いません。その際は若井までご連絡ください。
また体調や都合により途中参加途中離脱可です。
[PR]
by kac-web | 2008-06-24 23:25 | KAC京都路地裏探検隊

東京路地裏探検(品川から乃木坂編2)

方向転換して少しすると明治学院の保存建築が見えてくる。桜田通りをはさんで高層タワーマンションがそびえたつ。
c0074640_0461928.jpg



先へ進む
[PR]
by kac-web | 2008-06-13 01:14 | TOKYO通信

東京路地裏探検(品川から乃木坂編)

翌朝は東京路地裏探検品川からスタートそして乃木坂まで。要するに宿から展覧会会場のある国立新美術館まで歩いていくという事。まあなんでも遊びにしてしまうという企画である。ホテルをでていきなりどちらにいくのか迷う。東京は放射線状に道が伸びているので判りにくいのである。とはいってもある意味自分の住んでいる町や近隣の大都市以外で一番詳しいのは東京。それは平均的日本人の極当たり前の事である。何しろ日本国の首都である。自国の首都であるからは在住してなくても自分の町でもあるわけだ。さてそれならばこのぐらいの距離なら地図なしでたどりつかねばならぬ。そうだ地図なして歩かなくては探検にはならない。そう決めて歩く事にした。
坂の町東京。あとから地図で確認したのだがこの大通りは桜田通りつまり国道1号線
そしてその手前のわき道の坂付き具合が大地全体の傾斜を感じさせる光景。
c0074640_1151546.jpg



次々出てくる面白物件
[PR]
by kac-web | 2008-06-11 01:40 | TOKYO通信

東京路地裏探検(勝どき・築地・大門編) 4

築地の中央卸売り市場を後にして訪れたのが浜離宮公園。こちらは打って変わって静寂の世界?おやそうでもないぞ結構面白い俗世がここにもありました。
シオサイトの高層ビル群もここから見るとこんな風になる。
c0074640_2331367.jpg



まだまだあるよ俗世間
[PR]
by kac-web | 2008-06-05 23:46 | TOKYO通信

東京路地裏探検(勝どき・築地・大門編) 3

築地とくればやはりここでしょう。築地中央卸売市場卸売市場でも花形はやはり魚介類が中心。朝早くからセリがおこなわれ我々素人が行く時間帯にはほぼその日の勝負が終わり後片付けという感じである。
c0074640_23523747.jpg



市場の様子
[PR]
by kac-web | 2008-06-05 00:10 | TOKYO通信

東京路地裏探検(勝どき・築地・大門編) 2

最近でこそウォーターフロントなどといって臨海の土地利用とその先端性を強調する事例が多いがここはもう昔からずーとやってます。
水門もしっかり。このオブジェはっきりいって芸術作品
c0074640_0312194.jpg



元祖ウォーターフロント
[PR]
by kac-web | 2008-06-04 00:59 | TOKYO通信

東京路地裏探検(勝どき・築地・大門編)

京都路地裏探検隊のメンバーで東京支部長のサイトウジョウイチさんのご案内で勝どきから探検をスタートする。たまたま先月の東京駅から勝どきまでの続編のようになる。まずは都営地下鉄勝ちどき駅前からスタート
(西山遊野)
c0074640_092511.jpg



勝どき
[PR]
by kac-web | 2008-06-03 00:32 | TOKYO通信