<   2008年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

展覧会のお知らせ

a0064449_20182647.jpg


明日から大阪の西天満のギャラリー菊さんにてグループ展に参加します。

植松美早さん、ノブコ・ウエダ参加します。

1日から15日まで、前期の展覧会に参加します。

1日夕方からオープニングパーテイあります。
お近くにお出かけの節はご覧ください。

a0064449_20243076.jpg


8月はこれからだというのに
連日暑い日が続きます。

暑中お見舞い申し上げます。

       ノブコ・ウエダ
[PR]
by kac-web | 2008-07-31 20:33 | 会員個展・展覧会

第三回景観と看板ウォッチング(蹴上)

まだまだ続くウォッチング。蹴上までやってきた。蹴上はなんといってもかつての東海道の始発点ここから日本各地へそして各地からやってきた旅人を迎え入れる玄関口でもあった。今で言えば東京駅や羽田空港のような場所だったのだろうか。それにしては今はその面影すらないのはちょっと寂しい。今は昔。かろうじてインクラインや疎水蹴上発電所辺りが文明開化の京都人の意気込みをのこすぐらいだろうか。あれからますます京都の民力は落ち今や文化芸術においても東京に及ぶべくも無い。しかも現在ではその京都でも蹴上は中心から少しはなれた辺境になっているのだがそこでかろうじてがんばっているのがこのウェスティン都ホテル京都だろうか。ここのピンコロ張りのエントランスはええよ。これほど広い面積のピンコロ張りはおそらく京都では唯一。日本中さがしてもこれだけの出来栄えはそうあるまい。ピンコロ張りの研究や勉強、作業される方は一度ご覧いただいたらどうでしょうか。
a0064449_2214549.jpg



昔の都の玄関口
[PR]
by kac-web | 2008-07-27 22:15 | KAC京都路地裏探検隊

暑中お見舞い申し上げます

祇園祭もおわり暑い日々が続きますがお身体ご自愛の上お過ごしください。
さて前回の第三回景観と看板ウォッチングレポートも夏ばてでちょっと停まっておりましが
続きと参りましょう。岡崎を越えて南禅寺の境内を歩きながら蹴上げへ出るコースを
とる。このあたりも名勝地で有名寺院が建ち並ぶ。そんな中結構かっこいい近代建築を発見。
南禅寺会館でしょうか?
a0064449_0394129.jpg



こんなのもあった
[PR]
by kac-web | 2008-07-23 00:53 | KAC京都路地裏探検隊

第79回第一美術京都展

第79回第一美術京都展
会場 京都市美術館
会期 2008/7/15(火)~7/20(日)
入館時間 9:00AM~4:45PM最終日4:30PM
後援 文化庁・京都府・京都市・京都府教育委員会・京都市教育委員会・京都新聞社

本展(国立新美術館)の巡回展です。今回は祇園祭宵山風景を200号で描きました。
会員 若井明
f0154743_938725.jpg
[PR]
by kac-web | 2008-07-11 00:02 | 会員個展・展覧会

第三回景観と看板ウォッチング(岡崎)

さて平安神宮西の岡崎通りを西入ル岡崎天王町へ一行は進む。この付近はラブホテル街になっている。まあ常日頃は住民以外はそのなにの用事以外はめったと行かないところ。ウォーキングや観光コースとしてもあまり選ばれる事もなく取り立てて用事のない人間はめったと歩かない場所だ。
a0064449_072279.jpg



ここの面白いところ
[PR]
by kac-web | 2008-07-10 00:16 | KAC京都路地裏探検隊

第三回景観と看板ウォッチング(丸太町から岡崎へ)

街と家と設備と住民はほぼ同じように年老いていく。古い町には古い住宅がありその設備は古く住んでいる人も老人が多い。お店も店主と客と建物と什器はほぼ同じ世代である場合が多い。
しかしエアコンは新しい方がええよ。エコロジーとエコノミーの観点から新しいのに買い換えましょう。
a0064449_2312094.jpg


遊野さんところでメインの看板はいかがですか?なにか気になるのありまして?
はっはいございましたよ。今回の気になる看板ナンバーワンはこれ
例のテントシート一枚の大看板。大きければいい。目立ては良いというものではない。
客は看板をみてくるのではない。サービスの質で客を呼ぶのが本物である。
でました!たこ焼き専門店 たこ専でございます。たこ専なら味で勝負だ。
a0064449_23133386.jpg


だめだめこれはだめ。ご近所のみなさんへ工事の状況をオープンにするのは
当然のこと。そしてもっと理解できるように書かないとだめ。スラブ敷ではだめ
それでどうなるかを書かないといけませんね。騒音が激しいとか振動が起こるとか
そういうことを書かないとだめですね。これなら自分達の作業確認表でしょう。
a0064449_2322443.jpg
[PR]
by kac-web | 2008-07-07 23:01 | KAC京都路地裏探検隊

第三回景観と看板ウォッチング(神楽坂通りから丸太町へ)

神楽坂通り途中西福ノ川町と東福ノ川町を南北に通る路地にぶつかるどんつきの形態。この付近は小高くもりあがった吉田山の南にある黒谷金戒光明寺の西側にあたる。したがって東西の通りはみな行き止まりになる。そして傾斜ある等高線が通る斜面の為南北の通りのと高低差があり京都ではめずらしい階段による歩行者専用通路になっている。その様子をどうぞ。
a0064449_23255598.jpg


a0064449_23261482.jpg


a0064449_23262831.jpg

a0064449_2327116.jpg


a0064449_23291888.jpg
[PR]
by kac-web | 2008-07-05 23:27 | KAC京都路地裏探検隊

第三回景観と看板ウォッチング(銀閣寺道から吉田4)

アートハウス。これは本格的なキャンバスですぞ。マチエールもしっかりできているしどうですご自宅でも描かれてみては。
a0064449_0402085.jpg


このあたりはやはり古い町並みもところどころ残っていた。
a0064449_041360.jpg


「おおこれはかなりはみ出していますね。これは駐車違反になりませんか?」
「危ないですがこれだけ民有地に入っていたら違反にはできませんね。
でもこの置き方では車庫証明はでませんね」
「車庫証明を取る時は縦列駐車方式でいれて取る。とれたら横列駐車でいれるんですね」
「はいそのとおり」
「あんたらなにしょうもないこというてるね。はよ次行きますよ」
a0064449_0454927.jpg


[PR]
by kac-web | 2008-07-03 00:46 | KAC京都路地裏探検隊

第三回景観と看板ウォッチング(銀閣寺道から吉田3)

京都大学と吉田山に囲まれたいっかくならまだ古い町並みが残っていると期待して歩きましたがすでに半分以上は新しい建売に変わっています。ほんとに急がないと京都から町屋がなくなってしまう。一度うしなわれた物は二度と取り返すことができない町屋をまとまってみる最後のチャンスかもしれないせめて心の中にだけでも留めておきたい気持ちで廻っていこう。このような現場をあちこちで見かける。
a0064449_004966.jpg



古い町屋に似合う花
[PR]
by kac-web | 2008-07-01 00:04 | KAC京都路地裏探検隊