旅人気分で路地裏探検

京都駅の自由通路を北にみれば大きく四角空が切り取られてみえる。この延長線上が室町通になっている。新しい京都駅ビルは1990年に指名コンペが実施され、町並景観への影響についても協議を重ねて1997年に完成した。それだけに京都の町と建物との関係についてもいろいろ意味付けがあるのだ。東西に横たわる大きなビルゆえ、景観に与える影響への配慮が計画段階から織り込まれている。この自由通路の空間も室町通の延長上という訳だ。烏丸通の延長上にもビル壁に大きな空間が空けられている。

そのような京都の入り口の駅ビルから今回の路地裏探検の出発をしよう。さっそく勇んで出発したものの、その室町通を北へ進みプラッツ近鉄を越えるとすぐ行き止まり。彼方には東本願寺の大屋根修復の巨大な覆いがかぶさっているのが見える。室町通は東本願寺さんの敷地遮られるため、七条通の手前の小さな路地で行き止まりなのである。

それでそのT字路を左にとる。路地裏探検は勝手気ままに行きたい気分でどちらへいってもかまわない。決断などいらないのだ、足の向くまま歩いていくのがいい。特に京都は他の都市と違い行き止まりが少ないので、途中で引き返すことをする必要がきわめてすくない。これもきままな路地裏探検には必要な要素であろう。

そのまま西へとると新町通、その新町通が七条通と交差するところが七条新町である。グリットパターン(格子状)の京都市内地名はほぼ東西と南北の通をあわせた合成語で出来ている。この七条新町の南西角には富士ラビットという会社の建物で近代建築がある。元々は名前のとおりラビットスクーターなどを販売する会社で元日光社(自動車販売会社)の建物だった。現在は一階にはチェーン店のどんぶり屋さんが入居している。ここからは七条通を西へ進める。旧鴻池銀行七条支店、旧村井銀行七条支店、村瀬本店などこの辺りは小振りの近代建築が沢山残っている。道路幅の広い表通にもかかわらず沢山町屋があり、大型のビルやマンションもすくない。それでも最近は間口の狭い賃貸マンションなども増えている。

まもなく龍谷大学大宮学舎である。大学のキャンパスといってもささやかなスペースであり通にはほとんど面していないのでまったく目立たない。ここに限らず市内の学校は通路だけ表と接していて大半は表町屋の裏側に敷地が拡がるタイプが特に京都は多いような気がする。このとなりの平安高校もそうだ。大谷大学、京都工芸繊維大学、京都府立大学、京都教育大学、府立鳥羽高校、など広い敷地学校もみな町屋の奥につつましく存在している。  

続く   面白い古都研究所
[PR]
by kac-web | 2005-12-11 10:07
<< 鏡に映る京の顔 再びライトアップ 元立誠小・木... >>