京都議定書記念シンポジウム

福井県の会員長谷川ぽんた様が環境パートナー池田での活動を地球温暖化防止に関する取り組み事例を発表されることになり、「京都議定書記念シンポジウム」主催京都府・京都市・京都商工会議所・(社)京都工業会へ参加して来た。今からちょうど10年前の今日1997年12月にこの国立京都国際会館のメインホールで開催され「気候変動枠組条約第3回締結国会議(COP3)」で採択されたのが京都議定書。まさにその場所で「京都から再発信!持続可能な社会をめざして」と題し対談、基調講演、パネルディスカッションなどのプログラムがで構成されたシンポジウムがあった。印象的だった言葉の一つに「温暖化防止はまさに今、人類にとっての最大課題である」

基調講演
静岡文化芸術大学学長・国際日本文化研究センター客員教授
川勝平太氏

パネリスト
触れる地球
竹村真一氏(京都造形芸術大学 教授、Earth Literacy Program 代表)



(西山遊野)
a0064449_21243812.jpg
[PR]
by kac-web | 2007-12-01 21:24 | 景観、環境問題
<< 「世界アーティストサミット」D... それで看板は?(京都路地裏探検隊) >>