モリ・ナヲ展 祇をん小西

独自のモノクロームの世界を展開するモリ・ナヲさんの展覧会が祇をん小西であった。
常日頃立体、彫刻や陶器の展覧会が多い祇をん小西の町屋空間に見事な小宇宙が出現した。
「もともと日本家屋は襖絵や屏風など大きな絵を受け入れる素地があるのでしょう
大きな絵がはたしてどのぐらいに収まるかちょっと心配だったんですよ」と
話されるモリ・ナヲさん。150号ほどの大型作品が並ぶ和室もけして狭い感じは受けない
それは墨で描かれたモノクロームの抽象図形が禅空間のような引き締まった空気感を生みだしている
せいであろう、しかしけして堅苦しいものではなくむしろ暖かで安らぎ感すらある。
また賛助出品の武田浪さんの陶器ともうまく響き合っていた。
(西山遊野)
a0064449_22161781.jpg
[PR]
by kac-web | 2009-04-01 22:16 | 会員個展・展覧会
<< 高瀬川 桜 まつり2009 第六回京都路地裏探検 撞木町か... >>