樽家紀治氏が東京・銀座で着物展を開催します。

KACの皆様、東京在住会員 サイトウジョウイチからのお知らせです。
会員「樽家紀治氏」が本日18日より東京・銀座で着物展を開催します。
遠隔地ではありますが、東京在住またはご滞在中のみなさまにお声かけ頂ければ幸いです。
ワタシももちろん伺います。

樽家紀治(たるや としはる) 染着物展
ー手仕事の極みを目指してー

開催期間 = 6月18日(木曜日)〜28日(日曜日)
樽家紀治氏 在店日 = 18日・20日・21日・27日・28日
開催時間 = 11時〜20時(最終日のみ18時)
場所 = 伊と忠GINZA 東京都中央区銀座8-12-13豊川ビル1階
http://blog.livedoor.jp/kyoto_itochu/archives/1255326.html
MAP
http://itochu-ginza.jp/shop/access.html

● 樽家紀治(たるや としはる)

伝統と未来を繋ぐ手仕事の極み

着物は日本の美しい文化。
豊かで奥深い表情は、着る人の内面を映し職人の気質を表す。
織り機の音が路地に響く京都上京区西陣に生まれ、着物の町・中京で育った。
工芸・美術に携わる密度の濃いこの地域には
伝統的な日本の美・ものづくりの姿勢が生活の中に溶け込んでいた。
そんな歴史や地域に五感を育まれた感性だが、彼は単なる伝統美にとらわれる事無く、
現代美術にも精力的に表現の場を求めた。
更なる美を求めてやまない"伝統と未来を繋ぐ" 彼の"手仕事の極み"は、
洗練され輝かしく現在に生きる女性たちの心と繫がっている。

a0064449_1315539.jpga0064449_132824.jpga0064449_1321754.jpga0064449_1322740.jpg
by kac-web | 2009-06-17 13:03
<< 樽家紀治氏、染着物展(東京・銀... 第7回京都路地裏探検神泉苑から... >>