フルイミエコ展「ことほぐ」を観て

フルイミエコ展「ことほぐ」を観てきた。
フルイミエコさんの展覧会には毎回表題が付いている。今回は「ことほぐ」
ご本人がいらしゃったので発想とネーミングのタイミングを聞いた。
制作途中に毎回のテーマとなる言葉が紡ぎだされて、またそのテーマに沿った
作品が生まれてくるそうだ。特に意識はされていないそうだが
拝見してもその感じがよくわかる。
色調と形の捉え方の表現がいい。
形とモチーフに対する愛情と観察力が彼女の心の中で、
触媒されて生み出されたように見える。
また作品を原画とした印刷物(書籍のカバー)なども拝見する。
なるほど印刷物の原画として描かれているわけではないが
とてもいい。印刷物としての完成度も高いのである。
新しく美しい御池画廊と作品が上質の時間と空間をくれた、
ありがとうございます。

ライターズクラブ 西山遊野
a0064449_1818227.jpg
[PR]
by kac-web | 2009-07-26 00:19 | 会員個展・展覧会
<< 第8回京都路地裏探検のご案内 灯篭制作ワークショップ >>