第7回祇園祭うちわ展

第7回祇園祭り団扇展
楽しいうちわがいっぱいです。是非ご覧に来て下さい。今年は韓国から
An, Hye-Kyungさんが出品していただいてます。17日まで
祇園祭にお出かけの際はお立ち寄りください。
場所は 西木屋町仏光寺下ル 高瀬川四季AIR です
画像に含まれている可能性があるもの:屋外
画像に含まれている可能性があるもの:室内
画像に含まれている可能性があるもの:室内
画像に含まれている可能性があるもの:屋外
画像に含まれている可能性があるもの:テーブル、屋外

画像に含まれている可能性があるもの:テーブル、室内
自動代替テキストはありません。
画像に含まれている可能性があるもの:室内

自動代替テキストはありません。
自動代替テキストはありません。
画像に含まれている可能性があるもの:室内
自動代替テキストはありません。
画像に含まれている可能性があるもの:室内
画像に含まれている可能性があるもの:テーブル、室内
画像に含まれている可能性があるもの:テーブル、室内
画像に含まれている可能性があるもの:室内
自動代替テキストはありません。
画像に含まれている可能性があるもの:屋外


[PR]
# by kac-web | 2018-07-13 11:59 | 祇園祭 うちわ展

うちわ展のポスター作りました。

いよいよ明後日から始まる『第七回祇園祭うちわ展』のポスターを作りました。
a0064449_12470677.png

[PR]
# by kac-web | 2018-07-09 12:45

第7回祇園祭うちわ展


第7回祇園祭うちわ展のお知らせ

毎年恒例になりました「祇園祭うちわ展」を今年も開催いたします。例年通り京都アートカウンシル会員以外の方
にもお声掛けいただいて沢山の方々にご参加いただければと思います。
今年は高瀬川・四季AIRが会場です。元・立誠小学校に比べて会場が狭いこともあり、うちわも小ぶりなものを
用意しましたが、お手持ちの普通サイズのうちわでの参加もOKです。
下記申込書で御申し込みください。
詳しくはメールで御問い合わせ下さい。


a0064449_08544527.jpg

[PR]
# by kac-web | 2018-06-28 09:02 | 祇園祭 うちわ展

同じ刻を生きる作家展

同じ刻を生きる作家展
6月11日から始まった「同じ刻を生きる作家展」。元・崇仁小学校で17日まで開催しています。美術館からあてがわれた倉庫のような展示室を見事にアートの展示場として変身させました。小学校の環境を利用した現代アートも見ものです。
 12日午前11時からKBS京都の森谷威夫の「お世話になります」にナマ出演、放送されました。
屋外展示場もあります。小学校の中を高瀬川が流れていてそこを展示場にしています。
 開発が始まり、多くの家屋が立ち退きで少し寂しい街になっていますが、次期アートゾーンとしてよみがえる街の原型を観ておくのも一興です。京都駅前の道、塩小路を東に歩いて鴨川につき当たった場所にあります。是非ご高覧を。



a0064449_07223833.jpg
a0064449_07223314.jpg
a0064449_07222417.jpg
a0064449_08190311.jpg

a0064449_07221513.jpg
a0064449_07220659.jpg
a0064449_07215602.jpg
a0064449_07214801.jpg
a0064449_07213872.jpg
a0064449_07213239.jpg
a0064449_07212525.jpg
a0064449_07211782.jpg
a0064449_07210750.jpg
a0064449_07205332.jpg




[PR]
# by kac-web | 2018-06-15 07:37 | 同じ刻を生きる作家展

「見立て」に関する考察」展

作品募集!  「見立て」に関する考察展

a0064449_10540832.jpg
a0064449_10154149.jpg


作品募集!  

「見立て」に関する考察展

主催 京都アートカウンシル

日本文化の一つの要素として庭園や絵画、文学、和歌、落語などに「見立て」という概念があります。「見立て」とは対象を他のものになぞらえて表現することでです。別の言い方をすると、何かを表現したい時に、それをそのまま描くのではなく、他の何かを示すことによって表現することであります。

20世紀を代表するアーティストのマルセル・デュシャンは既製の便器を美術館に持ち込んだアーティストとして有名で、みなさんの良くご存知の作家です。彼の作品は既製品をアレンジしたものが多く、既製品を別のものに見立てて作品を構成しています。現代アーティストの彼の「見立て」と日本が古くから見立ての概念で絵や庭や文学などに取り入れられているものと同じものではないと思いますが似かよった概念の様で多方面から研究しても興味深いものです。

そこで、こんどの 高瀬川・四季AIRでの展覧会では「見立て」をテーマに日本的な見立ての概念の作品を創ったり、既製品などを使ったデュシャン風な作品を創ったりした展覧会を開催します。

「見立て」の概念は幅広いものです。ダジャレや、なぞらえからはじまってコンセプトをぎゅっと詰め込んだ絵画や作品も考えられます。既製品をつかえば誰でも時間をかけずに簡単に参加出来るかもしれません。気軽に考えてウィットに富んだ作品を期待します。出来る限り「見立て」の概念を膨らました作品を提示して頂ければ幸いです。   難しく考えず気軽に応募してください!

募集要項

「見立て」に関する考察展

主催 京都アートカウンシル

会場  高瀬川・四季AIR(京都市下京区仏光寺西木屋町下ル)

会期 201844日(水)~48日(日)         

44日(水) 13時~18時まで

45日(木)から48日(日)11時~18時まで

搬入 44日(水)10時~12時 展示作業13時まで

搬出 48日(日)18時より

作品サイズ 平面8号まで、立体は30㎝立方まで。

規定外の作品は御相談ください。

事前に出品意向をお知らせくださればありがたいです。

出品料 1,000円 

オープニングパーティー 44日(水) 18時より

連絡先は メール kasuke@artunion.info 携帯(留守録)090-2563-9139

京都アートカウンシル代表 貴志カスケまで



[PR]
# by kac-web | 2018-03-10 11:04

第11回京都高瀬川彫刻展 2017/10/21~10/28 作品募集 締め切り9月20日

彫刻家、美術家 各位  

11回京都高瀬川彫刻展 2017/10/2110/28 募集要項

京都アートカウンシル主催

f0159054_02235051.jpg

昨年で京都高瀬川彫刻展は10周年を迎え記念誌を発行することができました。これも彫刻家、美術家の皆様がご協力していただいた賜物です。今年からは11回目に突入いたしますが、いま元・立誠小学校がホテルに貸し出されて工事に入るので、今まで開催されていた「まなびや」という行事がなくなり「ありがとう、立誠小学校」と行事が開催され、京都高瀬川彫刻展はその中の行事として行います。来年からは工事の都合などで開催が難しくなりそうです。開催することをできる限り追求しますがまだ見通しは立ちません。大都会の繁華街での野外彫刻展は非常に珍しいので是非続けたいと考えています。彫刻が市民生活の場のいろいろな場所に溶け込んでいくことは大変重要です。この10年間の成果を結実させ、第11回展から新たな発展を模索しましょう。皆様のご協力を心からお願いいたします。

市民企画のイベントなので予算が全くありません。搬入搬出などではご迷惑をおかけすること多々あると思いますが皆様のご協力をお願いいたします。

  募集にあたって  -------募集要項-------

1)出品料は無料ですが、カンパは大いに歓迎します。搬入、設置、搬出は各自のご負担でお願いします。ユニック車は現地で用意しています。設置に必要なブロックはできる限り各自でご用意願います。コンクリートベース(70cm×70cm×5cm)が必要な方はお申し出下さい。 

2)現地は多くの人が通る場所であるがゆえに悪戯をされる可能性があります。作品が壊されたりする事故については申し訳ないのですが主催者側は保障しかねますので、ご自分で保険に入るなりの手立てをしてください。保険会社のご紹介はいたします。

3)川中に設置しますので、川が増水しても大丈夫な設置をお願いいたします。

作品が未発表であることは問いません。京都彫刻家協会の野外彫刻展の作品をそのまま展示OK.

搬入日2017/10/21日(土)、AM 7001200 搬出日2017/10/29 ()、 AM 8001200  

☆搬入搬出日時に問題がある場合は申し出てください

4)ご参加出品・ご協力の意思を920日までに下記までご連絡下さい。メール、FAX、携帯留守電090-2563-9013、葉書等でいただければ幸いです。詳細は後日ご連絡いただきます。

5)連絡、問合せ先 TEL 090-2563-9139 FAX 075-332-3595 メール mail@artunion.info

住所 610-1106 京都市西京区大枝沓掛町26-640   貴志カスケ

京都高瀬川彫刻展 申込用紙  作品スケッチも空欄に書いてください。

氏名

メール

電話番号

住所

携帯電話

自宅電話

作品タイトル

大きさ

H

W

D

素材



[PR]
# by kac-web | 2017-09-15 03:29 | 芸術 文化

第8回 京都 高瀬川彫刻展

京都アートカウンシル  代表 貴志カスケ(担当) wrote
a0064449_1492934.jpg

第8回高瀬川彫刻展 
2014/11/01~11/9 募集要項

高瀬川彫刻展は今年で8 年目を迎えます。アートで街を活性化するというカウンシルの目標に沿った取り組みです。アートが市民生活に溶け込んでその存在意義を市民に理解してもらおうとする企画です。京都市中心街の木屋町を流れる高瀬川の川中に彫刻を設置して彫刻のプロムナードをつくります。木屋町の風景が一変するこの企画は市民に大変喜ばれています。
会期中には元立誠小学校で映画祭など“まなびや2014”のさまざまな文化イベントが開催されます。
京都アートカウンシルの皆さんに第8回高瀬川彫刻展に是非ご参加、ご協力していただけるようお願いいたします。市民企画のイベントなので予算が全くありません。皆様の多大なるご協力をお願いいたします。

☆今年はクラウドファウンディング(基金)を募ります。
クラウドファウンディングとは、KACが行う事業を多くの支援者からネットを通して資金を募るシステムです。http://camp-fire.jp/category/artで募金を集めます。
基金がうまく集まれば作品カタログを作成いたします。

☆ 募集要項にあたって
1)出品料は無料ですが、搬入、設置、搬出は各自のご負担でお願いします。ユニック車は現地で用意しています。設置に必要なブロックは多少用意しますが大量にご使用される場合は各自でご用意願います。コンクリートベース(70cm×70cm×5cm)が必要な方はお申し出下さい。 
2)現地は多くの人が通る場所であるがゆえに悪戯をされる可能性があります。作品が壊されたりする事故については申し訳ないのですが主催者側は保障しかねますので、ご自分で保険に入るなりの手立てをしてください。保険会社のご紹介はいたします。
3)川中に設置しますので、川が増水しても大丈夫な設置をお願いいたします。
4)作品が未発表であることは問いません。
5)搬入日2012/10/31日(金)、AM 7:00~12:00  予備11/01日 (土) 
搬出日2011/11/10日 (月)、 AM 7:00~12:00  予備11/11日(火)
☆搬入搬出日時に問題がある場合は申し出てください
6)ご参加出品・ご協力の意思を9月30日までに下記までご連絡下さい。メール、FAX、携帯留守電090-2563-9013、葉書等でいただければ幸いです。詳細は後日ご連絡いただきます。
7)連絡、問合せ先 TEL 090-2563-9139 FAX 075-335-3710 メール mail@artunion.info住所 610-1106 京都市西京区大枝沓掛町26-471   貴志カスケ
a0064449_236418.jpg

a0064449_1521123.jpg

a0064449_1491131.jpg

a0064449_1471027.jpg

a0064449_147658.jpg

a0064449_147372.jpg

a0064449_2245639.jpg

a0064449_2164482.jpg

a0064449_1461926.jpg

a0064449_1461467.jpg

a0064449_1455260.jpg

a0064449_1451838.jpg

a0064449_2232560.jpg

[PR]
# by kac-web | 2014-08-26 02:21 | 高瀬川彫刻展

韓日美術交流展(公州2)

a0064449_2162719.jpg

ひかっていてわかりにくいですが、交流美術展の垂れ幕がかかっている公州大学のギャラリーのある建物です。
こちらがメイン会場です。
a0064449_21103213.jpg

麻谷宏氏の作品

滝川みずほさんは1日遅れてみんなと合流、展覧会オープンには間に合いました。
a0064449_21122084.jpg

a0064449_21145429.jpg

井上良子さんの作品
a0064449_21154818.jpg

宗由美子さんの作品
a0064449_21164296.jpg

こちらが李会長の作品(金属のほう)
a0064449_21185088.jpg

a0064449_21192582.jpg

東京の木村氏
それぞれこちらの作家は一人ずつ自己紹介しました。
a0064449_21204046.jpg

a0064449_21214380.jpg

韓国の作家さんも紹介して
a0064449_21224445.jpg

a0064449_21233116.jpg

公州大学学長さんと一緒に記念撮影
a0064449_21243387.jpg

その後、韓国側作家さんと私達日本人と合同のミーテイング
それからお楽しみのオープニングパーテイは
韓国レストランにご招待を受けました。
a0064449_21263574.jpg

お料理はどれも美味しくお酒もはいって韓国と日本人といっしょになって最後は歌まで〜
次の日3日はマイクロバスを用意してくれて韓国の作家と私達とでみんなで観光に連れていってくれました。

a0064449_21313096.jpg

まずは近くの新しくできた美術館展示室で日本とも交流のあった詩人の展覧会
下では
a0064449_21351423.jpg

子ども達の作品展もしていて立派な新しい建物です。
a0064449_2136422.jpg

外でみんなで記念撮影、残念ながらまぶしくて〜
それから市場に
a0064449_21405637.jpg
a0064449_21402073.jpg

それぞれ自由時間で少し買い物
a0064449_21465310.jpg

ランチは市場近くの昔ながらの古い韓式レストランで美味しいビビンバ

ランチの後は
a0064449_21492912.jpg

野投という野外展会場へ
a0064449_21501731.jpg

建物の中はギャラリーになっていて今までの記録が、ドイツの森で見た野外彫刻展によくにていました。〉ヨーロッパからも沢山こちらの展覧会に参加されています。
a0064449_21515771.jpg

外の川の近くには今までの野外展の作品が並んでいます。
こちらは便を積み重ねてできていて中から見るときれいです。
a0064449_2155566.jpg

楽器になっている彫刻
a0064449_2155224.jpg

それから
テーマパーク風の所で中に歴史美術館と民族村のあるところへ
a0064449_21583152.jpg
a0064449_21574075.jpg

a0064449_223949.jpg
a0064449_21591810.jpg

歴史美術館は昔の道具などありとても興味ありました。
a0064449_2244221.jpg

子ども達への体験コーナーもあって
a0064449_2254228.jpg

a0064449_2262066.jpg


それから一番の目的地、扶余の国立博物館へ

a0064449_228478.jpg

a0064449_22101853.jpg
a0064449_2295576.jpg

素晴らしいコレクションいっぱいですが、もうあまり時間なくて
急いででした。
a0064449_2212852.jpg

a0064449_22134059.jpg

夜はまた公州のレストランでご招待で最後にいろいろごあいさつ
a0064449_22152227.jpg

料理はブルゴキ
a0064449_22163051.jpg

夜はまた百済祭りのパレードをみてまた少しのんで、本当に皆さんタフです。

展覧会は2日から7日までですが次の日4日はソウルに行くもの、(ウエダ、他東京組)もう少し公州のこるものとわかれて、
カスケさん京都組は次の日は公州の作家さん宅などアトリエ訪問
私は(ウエダ)ソウルで韓国アートフェアなどみて
最後にまたソウルでカウンシル京都組と合流して
次の日6日無事関空に帰ってきました。

本当に公州では韓国の作家さん達にとてもすばらしい接待を受けて
大変よくしていただきました。
カウンシルとして参加できてとてもよかったです。
有り難うございました。

(ノブコ・ウエダ記)
[PR]
# by KAC-web | 2013-10-16 22:29 | KAC研修・取材旅行

韓日美術交流展(公州)

久しぶりの投稿です。
近頃はFBのほうでもカウンシルのこともアップされるのでこちらは休憩中でしたが
先日の公州での展覧会の事はカウンシルで参加でしたので
こちらに簡単に報告します。
9月30日(2013年)安いチェジュ空港で夕方出発の便
a0064449_10142744.jpg

一人乗り遅れたメンバーもいらしたのですが、とりあえずメンバー貴志カスケさん筆頭にノブコ・ウエダ、井上良子さん、宗由美子さんと関空からソウルについて写真はソウル駅で仁寺洞近くのホテルに、
その夜はにぎやかな仁寺洞をさんぽして4人でも食べきれない鶏なべとマッコリ、韓国焼酎で乾杯、
次の日(10月1日)に目的地公州に移動は高速バスで、前日遅くにいらした東京からの作家さんと合流。

公州では向こうの公州大学の以前の学長で、展覧会主催の会長さんの李さんがお出迎えしていただき
おしいいエイの海鮮丼などで昼食後

公州大学の展覧会会場にと
私達も一緒に展示するつもりでしたが
作品の確認して、あとはスタッフの学生さんや先生が展示してくださるようでおまかせして、
その後、今の学長(日本式では美術部の学部長らしい)さんの大きな部屋でご挨拶。

素敵な大学のトートバックなどいただきました。
学長さんもすばらしい陶芸の仕事されてます。
今回は公州大学ギャラリーには平面作品をボックスアートの形にした立体は公州バンクのウインドウに面した所の展示となるので銀行のほうにも作品もって展示にいきましたが、明日に向こうのスタッフで展示してくださるという事ですべておまかせする事に、

夕食は韓国レストランで美味しいお料理で歓迎会のおもてなしを
a0064449_10383687.jpg

その後
丁度百済祭りをしているといい、丁度パレードが始まるところで
みんなでパレードを堪能

a0064449_1020328.jpg

a0064449_10373877.jpg

a0064449_10393589.jpg

白髪の男性が会長の李氏で他は東京のメンバー作家さんです。
色々なダンスとのあとはねぶたのようなパレードがつづいています。
その後川のほとりの舞台やルミナミエのような橋のイルミネーションを見にでかけて長い一日がおわります。

展覧会初日(10月2日)は午前中は自由行動となり
まずは目の前に韓国の伝統式建物を再現した宿泊施設ができたのでお散歩がてら
a0064449_10432118.jpg

a0064449_10501351.jpg

オンドル式にて沢山の薪でたいていました。
a0064449_10511830.jpg

その後東京の作家さんと宿から歩いていける熊の神社へ散歩に
a0064449_10533690.jpg

道なき道をすすんだり
松は自由にのびてました。
a0064449_10554431.jpg

熊野の由来など東京からの作家さん木村氏他の方はもう何度もいらしているようでとても詳しく色々お話ししてくださり、熊に因んで沢山の熊の石の彫刻が並んでました。
a0064449_10593850.jpg

その後
京都メンバーは公州博物館までタクシーでといってもらったのですが、そこは公州歴史博物館で思っていた所とちがったのですが思いもかけず親切にお茶の接待をいただき
a0064449_1125880.jpg

a0064449_1183513.jpg

博物館のギャラリーでは公州作家メンバーのグループ展やっていて、見る事で来て、また日本語のできるとても親切な方々にもてなしていただき
a0064449_1161518.jpg

楽しい時間を昼食は近くのトンカツやさんで
a0064449_1174267.jpg

チーズトンカツとうどんを4人でいただき
a0064449_11102493.jpg

昼食後は本当の公州博物館にいって
a0064449_11115019.jpg

a0064449_1111166.jpg

2時からボックスアート展会場銀行でセレモニーはじまるので
a0064449_1114421.jpg

銀行へ移動
a0064449_11154639.jpg

a0064449_11163943.jpg
a0064449_11162115.jpg

公州展覧会会長、銀行の支店長あいさつあとはわがカウンシル代表貴志さんもあいさつ
銀行の営業中の中でですがちゃんと式典がおこなわれました。
a0064449_11182169.jpg

会場は思ったより狭く作品同士もけっして良い状態とは言えませんでしたが
向こうの会長さんも恐縮されていて、でも立派に式典はおこなわれて
また次回につなげていけたらです。
a0064449_1121494.jpg

カスケさん作品
a0064449_1122267.jpg

川上力三氏
a0064449_11224350.jpg

貴志早苗さん
a0064449_11231981.jpg

ノブコ・ウエダです。
a0064449_11241649.jpg

次には公州大学のギャラリーのオープニングは始まるのですぐそちらにです。
(長くなったので次回につづきます。)
[PR]
# by KAC-web | 2013-10-16 11:42

訃報です。

かねてより病気療養中でしたカウンシル会員の
大越泰さんが
6月21日午後2時5分(享年62歳)永眠されました。
謹んでご冥福をお祈りいたします。
まなびや第1回目から数回に渡るパンフレットやポスターのデザイン等
カウンシルには多大なるご協力を賜りました。
お通夜と告別式を謹んでお知らせいたします。
●お通夜
6月23日(木)午後6時より
●告別式
6月24日(金)午後2時より
●場 所
公益社 北ブライトホール
京都市北区紫野宮西町34
会場へのご案内地図はこちらをクリックしてください
075-414-0420
皆さんのご存知の方へお知らせください。
宜しくお願いします。

尚、御香典、御供物の儀は固くご辞退される事を伺っております。

京都アートカウンシル代表 藤森哲朗

[PR]
# by kac-web | 2011-06-22 15:19 | お知らせ(一般)