人気ブログランキング |

旅人気分で路地裏探検

京都駅の自由通路を北にみれば大きく四角空が切り取られてみえる。この延長線上が室町通になっている。新しい京都駅ビルは1990年に指名コンペが実施され、町並景観への影響についても協議を重ねて1997年に完成した。それだけに京都の町と建物との関係についてもいろいろ意味付けがあるのだ。東西に横たわる大きなビルゆえ、景観に与える影響への配慮が計画段階から織り込まれている。この自由通路の空間も室町通の延長上という訳だ。烏丸通の延長上にもビル壁に大きな空間が空けられている。

そのような京都の入り口の駅ビルから今回の路地裏探検の出発をしよう。さっそく勇んで出発したものの、その室町通を北へ進みプラッツ近鉄を越えるとすぐ行き止まり。彼方には東本願寺の大屋根修復の巨大な覆いがかぶさっているのが見える。室町通は東本願寺さんの敷地遮られるため、七条通の手前の小さな路地で行き止まりなのである。

それでそのT字路を左にとる。路地裏探検は勝手気ままに行きたい気分でどちらへいってもかまわない。決断などいらないのだ、足の向くまま歩いていくのがいい。特に京都は他の都市と違い行き止まりが少ないので、途中で引き返すことをする必要がきわめてすくない。これもきままな路地裏探検には必要な要素であろう。

そのまま西へとると新町通、その新町通が七条通と交差するところが七条新町である。グリットパターン(格子状)の京都市内地名はほぼ東西と南北の通をあわせた合成語で出来ている。この七条新町の南西角には富士ラビットという会社の建物で近代建築がある。元々は名前のとおりラビットスクーターなどを販売する会社で元日光社(自動車販売会社)の建物だった。現在は一階にはチェーン店のどんぶり屋さんが入居している。ここからは七条通を西へ進める。旧鴻池銀行七条支店、旧村井銀行七条支店、村瀬本店などこの辺りは小振りの近代建築が沢山残っている。道路幅の広い表通にもかかわらず沢山町屋があり、大型のビルやマンションもすくない。それでも最近は間口の狭い賃貸マンションなども増えている。

まもなく龍谷大学大宮学舎である。大学のキャンパスといってもささやかなスペースであり通にはほとんど面していないのでまったく目立たない。ここに限らず市内の学校は通路だけ表と接していて大半は表町屋の裏側に敷地が拡がるタイプが特に京都は多いような気がする。このとなりの平安高校もそうだ。大谷大学、京都工芸繊維大学、京都府立大学、京都教育大学、府立鳥羽高校、など広い敷地学校もみな町屋の奥につつましく存在している。  

続く   面白い古都研究所
# by kac-web | 2005-12-11 10:07

12月8日から11日まで元立誠・木屋町通りが再びライトアップされます。木屋町通りの雰囲気が一変されます。この新味な雰囲気をぜひ味わいに来てください。a0064449_10381472.jpga0064449_10385223.jpg
# by kac-web | 2005-12-08 10:40

立誠校ライトアップ

10月28日(金)〜30日(日)まで、3夜連続で元立誠小学校校舎と同校グラウンド前、高瀬川西岸をライトアップ致しました。これは、都市再生モデル調査「木屋町・都心繁華街の安心・安全コミュニティーの形成と地域景観の創造」の一環として行う照明実験(ライトアップによりこのまちのイメージがどう変わるのか?「暗い、恐い、汚い、怪しい」と言われるマイナスイメージを高瀬川、元立誠小学校といった歴史・文化的資源を浮かび上がらせることにより、プラスのイメージが増幅するかどうかを調査する)のプレ企画として今回の「まなびや2005」とリンクし実施致しました。

尚、11月12日(土)に行われた高瀬川ライトアップコンペでプラン立案された田積 司朗氏の照明アイデアが12月8日〜11日の間、同場所にてライトアップされます。a0064449_10311569.jpg
# by kac-web | 2005-12-06 11:29

わたしの粋場

粋場とは京言葉の一つでわたしのお気に入りの場所という意味であり、スイとかイキな場所という語感がある。たとえばセンスの良い飲み屋、有名人が来る「知る人ぞ知る店」、あるいはかなり価値ありの文化財がある隠れ寺などがふさわしい。残念ながらわたしはお酒を飲まないのでそういう場所には縁がない。また歴史的素養もないのでその辺りは詳しい方にお任せして、わたしなりの楽しみの場所を紹介しよう。
 京都市西京区・桂坂野鳥公園から裏山の唐櫃越えまでの野鳥と遊ぶ道「裏山」ゾーンである。コースは3つの道から成り、それぞれが山の背の尾根に通る唐櫃越えで結ばれている。西からリョウブ坂、ソヨゴ坂、ハイノキ坂とその道で多く繁殖する特徴的な樹木の名前がつけられている。3コースとも谷川沿いから斜面に取り付き尾根を登るのだが、それぞれ個性があるので行きと帰りによってルートを代えると良いだろう。どのコースも山への取りつきは急なのだが、峰に出てからは割と楽になる。明るい尾根筋と深い谷とが適度にあり変化に富んでいる。沢山の鳥がいて豊かな自然が残っている。サンコウチョウ、オオルリ、ホトトギスなどの夏鳥の声も聞かれる、時にはシカ、イタチ、ニホンザルなどほ哺乳類に出会うこともある。春秋の良いシーズンには家族連れや小グループとコースで出会う事もあるが、シーズンを通して殆人影を見かけない。稜線のメインとなる尾根筋は昔からある唐櫃越と呼ばれる古道になっている。唐櫃越はかつて老ノ坂と同じく京都と亀岡を結ぶ2つのルートの一つだった。公道だった老ノ坂に対して、唐櫃越は隠密や人の目を避けて通る隠れ道。明智光秀の軍勢が本能寺の変を起す際に通った道と言われている。現在は松尾から沓掛山、あるいはその先の亀岡までのハイキングコースになっているので意外にも人と出会うことがある。山中のメインストリートといえる。私は野鳥や草花が好きだったので、ここを自分のフィールドにしてからは積極的に通うようになった。自然科学的な観察にはあまり興味がないので、ノートをつけたり個体数をつけたりなどはしない。それよりもむしろ逍遥に近い、歳時記のように文芸的に眺めるほうが好きである。

 季節の変化は一週間後ではあまり変化を感じない。しかし二週間単位では違いがわかる。つまり二十四節季で自然は動いているのである。その意味では月二回で一年で二十四回歩くと一番季節の変化を感じられるだろう。夏場はあまり足が向かなくなってしまう。健康のために無理をしていっているわけでないのでシンドイ目をしてまで行きたくないのだ。雨の日もまたしかり、まあ気が向くときにいけばいい。浮世のたわごとや頭に浮かぶ瞑想をあれこれ思い浮かべて遊んいるうちに、いつしかコースも終点につく。粋場とはそういう場所のことをいうのだろう。

西山遊野
# by kac-web | 2005-12-04 09:54

路地裏の紅葉

この季節、京都の各地は観光客どこも一杯だ、もちろんお目当ては紅葉である。そんななかで眺める名所もまたいいものだが、ちょっと人ごみは苦手とかもう有名所は行きつくしたなどと言う場合は、路地裏のなもなき紅葉スポットはいかだろうか。アスファルトの青灰色に散紅葉もまたなかなか上品で美しい。勿論古寺の杉苔に散るカエデほどの鮮やかさはないのだが、風にまってカサコソと動く様や吹きたまりに輝くように積もっているのもいとおかし。
面白い古都研究所
# by kac-web | 2005-12-03 17:04

 カスケです。
 アートカウンシルのブログが徐々に動き始めています。ライタークラブのみなさんごくろーさんです。多くの方々が参加してくれることを願います。
 さて来る12月6日から18日までスコップ美術研究舎設立10周年ワークショップ講師展が開催されます。僕も忙しい中やっと作品が完成しました。今回もこの間追及し続けている水の漏れるマジカルワークです。御期待ください。じっと眺めていても飽きません。
会員の宮田君が主宰しているスコップの講師の方々の展覧会なのですが田積さんや星野さんなどKACの会員もたくさん居られます。是非御高覧ください。
 会場は「artspace東山」、三条神宮道を東に行った北側にあります。人の良いオーナーが経営する素敵なギャラリーです。
a0064449_1659392.jpg
# by kac-web | 2005-12-02 17:07

ほっこりについて

京都のことばで「ひと息ついての安堵感」をあらわしています。
日常の「ほっこり」したことや場所、おいしいものなどを教えてください。
エッセイなどもOKです。
# by kac-web | 2005-12-01 12:45

おおきにについて

素晴らしい作品をありがとう! おいしいご馳走をありがとう! 楽しいイベントをありがとう! そしてうれしい言葉をありがとう! などなど、日常の中での「ありがとう」を「おおきに」に代えてお届けします。
# by kac-web | 2005-12-01 12:39

はんなりについて

京都らしい「ヒト」「コト」「モノ」を教えてください。
感じたことが共有できたら素敵だなと思います。
# by kac-web | 2005-12-01 12:37

粋場について

昭和20年代頃、京都では子どもたちが「自分たちの行動範囲にある特別な場所」という意味で使われていました。

ここでは、メンバーの目線を通した「マニアなスポット」「京都のお気に入りの場所」をご紹介。神社仏閣、居酒屋、カフェ、公園、ギャラリーなど、「あ、そこ知ってる!!」という場所があれば、是非書き込んでください。

a0064449_1220126.jpg

■2005秋 黒谷「金戒光明寺」
京都市左京区黒谷町 
市バス「岡崎道」下車徒歩10分
以前「義経本」の中で書いた「金戒光明寺」にはじめて行ってきました。
墓地の間の階段をのぼると、見事なまでの紅葉が。
墓地をのぞけば、京都タワーまで望めるとても見晴らしの良いスポットです。
# by kac-web | 2005-12-01 11:59

京都アートカウンシルのブログです。京都アートカウンシルはアートで京都を活性化しようとしている団体です。アーティストだけでなく誰でも参加入会出来ます。会員で投稿されたい方はmail@artunion.infoまでご連絡ください。ID、PWご連絡します。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30